ガラス食器が好きな人の中に、萩ガラスが好きだという人の声も多く聞こえます。萩ガラスとは、いったいどんなものなのでしょうか?


◆萩ガラスとは?
山口県萩市「萩ガラス工房」は、椿原生林と玄武岩で有名な「萩市・笠山」にあるガラスの工房のことです。笠山でのみ採掘される安山岩を原石から精製し、独自の技術でガラスを製造しています。萩ガラスは、淡い緑色の【玄武岩ガラス】、3層構造で内側にヒビを封じ込めた【内ヒビ貫入ガラス】などが特徴で、国内で萩ガラス工房でしか手に入りません。萩ガラス工房の技法を他の同業者も挑戦しているとのことですが、どの工房も萩ガラス工房のようなガラス作りには成功していないのです。
ですから、希少価値がとても高く、さらに人気が高いため、プレゼントなどにも利用されています。


◆萩ガラスを使ったコーディネートをアドバイス
萩ガラスを使うのであれば、やはりコーディネートを考えた方がいいでしょう。できれば、お客様をおもてなしするとき、結婚記念日など、特別な日を祝いときなどに、萩ガラスの食器を使って食卓を華やかにしてもらいたいものです。では、テーブルコーディネートについてアドバイスを少々・・・

【器と統一感を持たせる】
器と統一感を持たせていないテーブルコートをする人がいます。せっかくのお料理や食器が台無しです。和食を食べに行けばインテリアやテーブルは和ですし、イタリアンならイタリア風と統一感があるものです。よくわからない・・・ということであれば、器の周りの雰囲気を合わせるようにしてみましょう。

【小物で雰囲気作り】
おもてなし用のクロスなどがあればいいのですが、ない場合だってありますよね。そういう場合は、簡単な方法で雰囲気を作れば大丈夫ですよ。例えば、庭の花を一輪さしてテーブルの中央へ置くだけでも違います。花瓶がなければ、グラスやカップなどでもいいのです。小道具を使って遊び心を足すことで、もっともっと楽しい食卓になるはずです。


◆ガラス製品のメリットとデメリットは?
ガラス製のお皿は、見た目にも華やかで高級感がありまし。夏は涼しげに感じられますし、冬は高級感が出ますよね。フルーツやデザート類などをガラス製品に盛り付けると、よりおいしそうに見えますし。しかし、ガラス製の食器は扱いに注意が必要となるでしょう。雑に扱えば、すぐに割れてしまいます。ですから、洗ったり棚から出すときは、気を付けてください。割らなくてもひびが入ったりしますから、そうなるとせっかくの食器が台無しになってしまいます。丁寧な扱い方をして、長く使っていくようにしてください。プレゼントとして送る場合は、必ず「割れ物注意」と注意書きをしておきましょう。割られてしまっては本も子もありませんからね。


◆災害時には特に注意を
ガラス食器は割れるとケガをする可能性が高くなります。どれだけきれいなガラス食器であっても、それが割れてしまえば、凶器になるわけですね。ですから、収納の仕方はきちんと考えた方がいいのではないでしょうか。

・重いものは腰より上の位置に片づけない。
ガラス食器や重いものに関しては、腰より上に置かないようにしましょう。重いものは下の位置に収納し、その上に軽いものや割れないものを置きます。シンプルなことですが、大切なことです。また、ガラス食器を収納する場合は、棚よりも引き出しが向いているということを知っておきましょう。奥まで見通せますし、作業域としても棚より使いやすいのが引き出し型の食器棚です。
さらに、引き出し型お収納の場合、食器洗い機がある場合は動線が最短になる場合もありますので、出し入れがしやすくなる場合が多くなります。そうなると、無駄な動きがなくなりますので、面倒もありません。
それに引き出し型の場合は、割れたとしておわれた食器は引き出しの中に納まりますから散乱することはありません。引き出し構造の特性でほとんどが腰から下の位置に食器が収まりますので、高い場所からの落下の心配も出てきませんね。重たいもの、割れやすいもの、割りたくないもの・・・などは、引き出し型にしまうほうが利口だとも言えます。

 
◆さいごに
せっかく萩ガラスの食器を手に入れたのであれば、洗い方にも注意しましょう。雑に洗ってしまっては、指紋がべたべたと残っている状態になってしまいますよ。ポイントとしては、他の食器と洗うスポンジを分けましょう。そして洗いうときはぬるま湯ですすぎます。最後に仕上げで拭いてしまう人もいますがNGです。拭かずに自然乾燥するようにしてくださいね。

萩ガラス

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)