意中の彼を振り向かせるには、パーソナルスペースを利用すると良いですよ。パーソナルスペースの知識をご紹介しますので、その距離感を利用して、彼の本能に働きかけましょう。パーソナルスペースの距離感と彼に効果的な仕草をご紹介しましょう。

【パーソナルスペースとは?】
雑談しているときに、顔が近づくと驚いたり、不快な想いをしたりしたことはありませんか?これは、コミュニケーションをとるときに、相手が自分のテリトリーに入ることを許すことのできる本能的距離感をいいます。
この距離感を提唱したのは、アメリカの文化人類学者であるEdward Hall(エドワード・ホール)です。相手との関係性と距離間の関係を次の4つに分類しました。但し、個人差もありますし、アメリカ化よりも日本の方が、女性よりも男性の方が、一般的に広いといわれています。

◆パーソナルスペースの距離感
一般的に女性は男性よりも狭いとされていますが、下記距離感は平均的な数字です。

①密接距離:0~45cm/身体に触れることのできる距離
②固体距離:45~120cm/手を伸ばせば身体に触れることができる距離。友人同士の個人的会話に最適
③社会距離:120~350cm/身体に触れることができない距離。業務上上司と部下の距離等
④公衆距離:350cm以上/講演会等で対面式講演で撮られる距離

例えば、喫茶店で真正面ではなく、斜め前に座る関係は、友人関係です。真正面に座ると膝と膝が触れる可能性があるので、無意識に人はそれを避けるのです。
人間関係によるパーソナルスペースは、その領域を侵すと何となく居心地が悪く不快に感じるものです。例えば、エレベーターの中で5人ほど人がいたとしましょう。各々上を見たり、鏡を見たり、壁を向いていたり目を合わせないそっぽを向いた関係でいるでしょう。
これは、知らないもの同士が密接距離にいるためお互いが何となく居心地が悪い関係にいる証拠です。もし意味もなくくっついてくる人がいると、敢えて距離を開けるか、嫌な表情をして不快を露わにして相手に伝えるのは、パーソナルスペースに侵入したからです。
反対に、恋人関係なのに、いつもテーブルの斜め前に座られると妙に寂しい気がするのは、パーソナルスペースに侵入して欲しいと思う関係なのに、敢えて距離を置かれることで、自分への関心が薄い気がするからです。

【パーソナルスペースによって生じる勘違いは人間関係の急速接近を起こす?】
パーソナルスペースの距離感によって人間関係の勘違いが生じてしまうことがあります。それは、満員電車や満員エレベーター等で混雑している状況で、いつも決まった密接空間にいる場合です。お互いなるべく目を合わせないようにしているでしょうが、毎日傍にいる人は、だいたい覚えています。
全く知らない人でも毎日同じホームにいる人がある日突然いなくなると、妙に気になるものです。これは、同じ人のパーソナルスペースの侵入が日常化して、ついに慣れてしまったといった現象です。そのような人に、言葉を交わすきっかけがあれば、その次から挨拶をする関係になったりした経験がある、といった人も少なくないでしょう。
また、満員電車でも同じ現象が起こります。お互い知らないもの同士が、密接距離の中でも特に近い恋人距離(15cm未満)にいることに慣れて、本来感じるはずの違和感が慢性化して慣れてしまった場合、脳
パーソナルスペース的判断によって、恋人距離間の侵入を許す関係であると認識してしまいます。

恋人距離とは、親や恋人のような密接な関係の者同士の距離間で、おでことおでこがくっつくような、スキンシップのできる関係の者同士の距離感です。
このような脳の勘違いが生じてしまうことで、見ず知らずの者同士が一気に人間関係を縮める減少が生じるのです。

【パーソナルスペースによって生じる勘違いを恋に作りだすと親密になれる?】
密接距離間のパーソナルスペースに効率良く侵入できれば、脳が勘違いして、一気に彼との距離感が縮まります。お座敷で飲み会の事例を例にとって解説しましょう。

◆好みの男性の恋人距離のパーソナルスペースに侵入する方法
飲み会のときに座る座席は、意中の彼の左隣です。特に座るときに注意が必要です。空いている席でも、黙って座ると少しだけビックリするものです。それは密接距離に突然侵入したことになるからです。お目当ての彼に、ビックリして振り向かれてしまうことが多いでしょう。
このとき目を合わせずに、何も言わずに座ると、無愛想な感じだと思われて、のちのち会話が弾みにくくなります
らそうならないために、彼が振り向く前に「隣失礼します!」と断って座りましょう。彼も「どうぞ」と答えてくれるでしょう。このとき、彼に向って素敵な笑顔で軽く会釈しておけば、一層好印象です。こうして彼の脳は、彼が好印象を持って積極的に密接距離間の侵入を許した人という勘違いをしてしまいます。この状態で楽しい時間を共有すれば、彼の脳は勘違いから確信へと変わりやすいのです。

◆会話ベタな人も笑顔で言葉にならない会話ができる
せっかく密接距離のパーソナルスペースにいるのに、一言も話さないで楽しい時間の共有ができなければ、せっかくのチャンスも台無しです。でも、「大好きな彼に話しかけるなんて無理!」という人も多いでしょう。そんな方は、お皿をとってあげたり、お惣菜をよそったりして、彼にお皿を渡すときに、ニッコリほほ笑むだけでいいのです。
うるさい飲み会の場で、笑顔は最高の会話です。声にならない「どうぞ!」が彼には聞こえます。彼の脳は、ただでさえ彼女を恋人だと勘違した状態にあるのです。彼は思わず話しかけてしまうでしょう。あなたの頬笑みは、彼に話をする機会を作ってあげているようなものです。

また、“笑顔の素敵な女性”だと印象付けるだけでも、彼の方から近づきやすくなります。こうなれば、彼の脳の勘違いから生じた人間関係の錯覚も確信に変わるでしょう。

彼の左側に座ると想いが伝わりやすい?
彼の左側に座るのは、男性の思考に働きかけるためです。男性は、左脳でものごとを判断します。だから、左脳に近い耳に囁きかけると、直接左脳に働きかけるので、ちょっとした言葉も記憶に残ります。「囁くなんて!?」と驚いた方に補足説明です。
うるさい飲み会では、話しかけられて聞きづらかったら、彼の方から「えっ!?」といった感じで耳を傾けてくれますので、彼の耳元で囁きやすいものです。
この耳に囁く距離感は、密接距離の中でも特に近い恋人距離のパーソナルスペースです。まるで初対面のような関係だったとしても、この距離感で楽しい時間を数時間過ごすと、居心地の良い感覚を彼に植え付けることが可能です。

【密接距離のパーソナルスペースに侵入を許されるための武器は“会釈”】
飲み会で隣に座るような偶然の機会はなかなか訪れない方もいるでしょう。そんな方は、意中の彼への釈がお勧めです。声を出す挨拶ではなく、笑顔とともに会釈をするのです。廊下ですれ違うとき、エレベーターの中で、会うたびにいつも挨拶をされていたら、無意識のうちに密接距離で会話をしているような錯覚を生じさせることができます。それに、男性はいつも目が合う女性に対して「もしかして自分のことを好き?」と勘違いしてしまうものです。それに、よほど嫌いでない限り男性は自分を好きな女性に好意を持ちやすいのです。

いかがでしたでしょうか。男性は、自分を好きでいてくれる女性には甘いものです。いつも自分の傍にいて、自分に微笑んでくれる女性に対して、悪い感情は持ちにくいものです。だから、あなたも日頃から素敵な笑顔を心掛け、パーソナルスペースから意中の彼との心の距離感を縮めましょう。そのための武器は、最高の笑顔です!

20131226082015
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)