失恋した友人をどうやって慰めよう?失恋ってとっても悲しいですよね。友人が失恋して落ち込んでいたら、それはもう、慰めてあげたい!と思うのは当然のことでしょう。でもね、失恋直後って超ナイーブな状態。ほんのちょっとの言葉でも傷ついちゃうものなんです。なので、失恋直後の友人を慰める時は、ちょっと気を付けましょう。NGワードやNGアクションがちゃんとありますので、上手に避けて、友人の気持ちを和らげてあげるようにしてくださいね!

よく、ありがちなのが、「すぐ次が見つかるよ!」とか、「新しい彼を探そう!」と、【次のカレの話題を振る】ことです。
振られて悲しい理由は、相手のことが好きだったから。次に行こう!と言われて「はいそうですね!」とすぐ言えるような恋なら悲しい気持ちにはならないでしょう。「なんなら男友達を紹介してあげるよ!」もかなり無神経です。友達の紹介は断りづらいですし、余計な心労を負わせることにつながりかねません。紹介の話は、友人がお願いしてきてから!友人が何も言わないうちに、男友達を紹介する話はやめておきましょう。まだ見ぬ次のカレの話なんかより、今の彼女の心が大切。前に進むのには、ほんのちょっと、時間が必要なんですよ。

気にすることないよ!もっと大変な人もいるんだよ!と【悪い例を引っ張り出そうとする】人もいますが、これもNG。
たとえ、共感しようとして自分の過去の体験を話すのだとしても、辞めておいた方がいいでしょう。不幸を悲しむ気持ちは人それぞれ、誰かと比べるものではありません。たとえ、誰かの過去がひどいものだったとしても、振られた直後の人にとっては、自分だってひどい状況にいるんだもん!と思っても仕方ないこと。人と比べず、彼女の心に寄り添ってあげてください。失恋直後って、結構どん底に落ち込んでしまうもの。「私が世界で一番不幸」くらいに感じていてもおかしくはありません。友人よりひどい目に遭った人はいないのだ、くらいの気持ちで接するようにしてあげてください。

あの時こうしておけば良かったね、などと、【過去の失敗を挙げる】のも良くありません。だって、もう、終わったことですもん。言っても仕方ないことなのに、どうしろって言うんでしょうか?こういうことを言うと、余計に後悔の念に囚われ、いつまでたっても失恋の傷はいえません。あの時ああしておけばよかった、こうしておけばよかったなんて、過去の話はナンセンス。タイムマシンはないのですから、ifの話はやめましょう。

ここまで書いてしまうと、「じゃあどうやって慰めたらいいの!?」なんて言われそうですね。でも、あえて言います。「慰める必要なんてあるの?」と。失恋の痛みって、その本人にしかわからないもの。そして、周囲にはどうすることもできないものなんですよ。周囲にできることは、「うんうん、つらかったね」と話を聞いてあげながら、傷がいえるのを一緒に待ってあげることだけなのです。一緒にご飯を食べる、一緒にカラオケで騒いであげる、一緒にショッピングに行って気晴らしをする、こんなことくらいですよ、できるのって。
でもね、失恋直後の人にとって、そばに誰かがいてくれる、これだけでも、すごく慰めになるものなんですよね。余計なアドバイスはいらない、無理な慰めもいらない、変な気遣いもいらない、何も言わないけれど気持ちはつながっている、これが失恋直後の友人が求める最大の答えでしょう。はあなたの味方だよ、という気持ちを持って、友人のそばに寄り添ってあげることが、傷をいやすのに一番良い方法なのです。最後に、イギリスの小説家の名言を一つ、残しておきすね。

【愛してその人を得ることは最上である。 愛してその人を失うことはその次によい。】

人を愛することってとても大切なことです。愛を得ても、失恋しても、人を愛したこと、それだけで、人として成長することができるんです。友人が少し落ち着いてきたら、ぜひ、この言葉をプレゼントしてみてください。人を愛したあなたはとても素晴らしいんだよ、愛も経験なんだよ、と。どんなにつらいことでも、悲しいことでも、人生に無駄な経験なんてありません。一つ一つが人生の糧になるものなのです。
失恋もまた、その人の人生になくてはならない一つの経験だったのです。ついでに・・・この愛には、友人に対する『友愛』も含まれていると思います。友人が失恋し、悲しい気持ちを抱えている時でも、あなたが友愛の気持ちを持って友人に接していることで、その友人は愛に包まれているんです。いつか傷が癒えた時、友人は友愛に気づくことでしょう。その時こそ、お互いがまた、成長できるチャンスなのではないでしょうか?傷ついた友人を癒せるのは、心から心配している周囲の人たちだけなのです。

5690851063_fb1d9aea0a
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)