毎日使うトイレ。1日に何度も使う場所です。そして、入った時に汚れていたらちょっとげんなりしませんか?気分的な問題ももちろんありますが、衛生面を考えても、いつでもきれいな状態にしておきたい場所ですよね。汚れがちな場所だからこそ、効率よくお掃除できるよう、収納も工夫して居心地の良いトイレにしましょう!


【トイレマットは撤去】
みなさんのお宅のお手洗いはトイレマットを使っていますか?使っている方は、どれくらいの頻度で洗濯・交換していますか?毎日とりかえて洗わなければ汚れはたまっていきます。毎日できていますか?
また、トイレマットがあると床掃除をするときに、いちいちマットをどかすという作業が発生します。そうすると、なんだかめんどうだから、明日でいいや、という気持ちになってしまうことはありませんか?
汚れてるかな、と思った時にサッと床をふけるように、思い切ってトイレマットを撤去してしまうことをオススメ致します。こまめに床を掃除すれば、隅にホコリがたまってしまうということもなくなります。トイレ掃除がずっと楽になりますよ。床のお掃除は、トイレ掃除専用シートが販売されているので、それを使うと便利です。掃除した後はトイレに流すことができます。また、トイレットペーパーがボロボロにならないというトイレ用洗剤も販売されているので、そういうものをつかってもいいですね。ただ、この洗剤は、あまり強くゴシゴシこすってしまうとトイレットペーパーがボロボロになってしまうことがあるようですので、サッとお掃除するよう、日頃から汚れをためないようにしましょう。


【フタカバーは撤去】
みなさんのお宅のお手洗いには、フタカバーをつけていますか?トレイマットと同様、毎日清潔なモノに取り換えたいですね。便器とのつなぎ目の部分ってとっても汚れがたまりやすい場所です。そして掃除のしにくい場所でもあります。汚れがたまってしまう前にコマメにお掃除することをオススメ致します。汚れがこびりついてしまうと、とるのがとても大変です。時間もかかりますし、力をいれてゴシゴシこすらないとなかなかとれません。それに、きれいなお手洗いの方が使っていても気持ちがいいですよね。トイレのふたも、床と同様、水に流せるお掃除シートを使ってもいいですし、トイレットペーパーと専用洗剤でさっと拭いて、キレイな状態を保ちましょう。


【便座カバーは撤去】
便座が保温便座ではないものだと、ヒヤッとしますが、できれば便座カバーもなくしてしまうことをオススメします。思い切って保温便座にしてしまうのもアリかと思います。今は10,000円前後で購入できます。でも、配線の問題や工事の問題もあると思うのでそう簡単には撤去できないかもしれませんね。カバーを使うのであれば、便座に着せるように覆うタイプの物ではなく、便座の上に置くタイプの物がいいと思います。お掃除するときもかんたんに外すことができます。こまめにお掃除して、気持ちよく使えるようにしましょう。

 

【ゴミ箱を置かない】
これもトイレをいつもきれいに清潔に保つポイントです。掃除用具と一緒に洗剤の空箱やティッシュの空箱、透明でない紙袋やビニール袋をその空箱に入れて常備しておきます。ゴミが出たらその都度袋にいれて生ごみ入れにいれてしまいましょう。溜め込んで捨てる良い、その都度捨てる方がいいと思います。どうしてもゴミ箱を置きたい場合は、使い捨ての汚物入れを購入して置くというのはいかがでしょうか。これは、お掃除する人が中身を出さないでそのまま燃えるゴミに出せるようになっている物です。コストはかかりますが、掃除の手間が省けるので、結果きれいな状態を保つことができます。また、この使い捨て汚物入れは来客用に用意しておいてもいいかもしれませんね。


【収納は目線より上】
トイレに収納の棚があればもちろんその棚を使い、トイレットペーパーのストックや掃除道具を入れるようにしましょう。でも、トイレに収納がなければ、目線より上に棚を作ってしまいましょう。トイレの壁から壁までの長さを測り、その長さに合ったつっぱり棒を2本購入します。棚を2段くみたい場合は4本購入してください。また、中身がわからないような透明でないプラスチックカゴやケースを購入します。プラスチックカゴやケースには、掃除用具、ごみ袋入れ、トイレットペーパーのストック、サニタリー用品が入ります。便座カバーをつけたい方はストックも入れられるようにしておくといいと思います。最低限入れなければならないものは今あげたものになりますが、ご家庭でそれぞれどうしてもトイレに置きたいものなどがあると思いますので、ライフスタイルにあった分類でカゴの数をきめてください。重くなりすぎないように気を付けてください。
つっぱり棒は壁から壁まで2本平行につっぱります。2本の距離はカゴの幅より狭くしてください。おちてこないよう、しっかりとつっぱります。不安な方は耐震性のマットを壁とつっぱり棒の間にかませてあげるとずれにくくなります。つっぱり棒が張れたら、その上にグッズをおさめたカゴを置きます。


まいにち、気持ちよく使いたいトイレのお掃除と収納についてご紹介いたしました。いかに「楽に」「かんたんに」お掃除するかを考えると、「モノをできるだけ置かない」という状況が必要です。モノが多いとその分動かさなければならないので、「面倒だな」と思ってしまいます。毎日こまめにサッとお掃除できるよう、スッキリとした居心地の良いトイレにしましょう!

photo01

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)