大人になっても怒られるのなんてイヤッ!そりゃ誰だって怒られるのなんてイヤですよね。でも何もしていないのに「怒られる」なんてことありますか?
「言葉使いがなってない」「ぼーっとしていた」「書類が間に合わない」
何かしらの理由があって怒られると思うんです。自分が誰かに怒る時だって理由があるから怒りますよね?怒る側だってホントにどうでもいいと思うなら怒ることにわざわざエネルギーを使ったりしませんよね!時間も無駄ですし。
「同じ失敗をしないように」「期待していたり」「次に活かして欲しい」「シャキッとさせる為」
何らかの理由で自分に何かを求めているから怒るんです。

筆者は20前半で会社に入りたてなのですが失敗や経験が未熟な為怒られることもしばしばです。でも怒ってもらえるだけ恵まれているような気がします。怒る側も時間もエネルギーも使いますし、なによりわざわざ嫌われるような事を進んではしたくないですよね()自分の為に時間を割いてエネルギーを使って怒ってくれる人って最近は減ってきたようにも感じますし。
自分たちの年代は世で言う「ゆとり世代」でどこか会社に対して何か甘い考えを持っている人もいると思います。怒られ慣れていないと言いますか。まだまだ社会の波に揉まれていないんです。
会社に毎日通っていると不満や嫉妬も「あの人は全然怒られないなぁ」とか「なんであいつだけ」と言う感情も芽生えてくると思うんですが、それを会社の所為や上司の所為にしていませんか?自分はなにか努力していますか?今の自分を完璧と勘違いしていませんか?

自分では「努力している」「頑張っている」と思っていても、それを他人が思っていないと感じていないと結果に繋がらなきゃ意味がないですよね。自分より経験を積んだ方の言葉を聞く事って凄く大事だと思うんです。自分には出来ない考え方や知らない知識を吸収するチャンスだと私は考えています。
たまには理不尽なことを言われたりもするかも知れません。でも、そこだけを意識して文句ばかり言ってませんか?怒られている時は確かに腹立たしいし悲しいし色んな感情が出て来て、その人が言っている言葉をうまく聞けないかもしれないですが落着いて怒られていることを受け入れましょう。
・なにがいけなかったのか
・自分がなにをしてしまったのか
・次からはどうしたらいいのか
怒ってる人は必ず理由を言うし改善策を提案してきます。それを聞いて、どう行動するかはあなた次第です。「次は、こんな失敗しないようにこうしよう!」と考える人もいれば「またなんか言ってるよ。あの上司。今、自分は凄く頑張ってるのに」と上を目指せない人も出てくると思います。前者になれば無意味に怒られることも無くなり会社でも、よりよい人間関係が作れたり、会社でも求められる存在になったりするんではないでしょうか?
それに今、自分達は怒られる側ですが時を重ねると部下ができてきますよね。自分より下が出てきた時に、しっかりと上司らしく怒れる又は叱れることは出来るでしょうか?ずっと平社員でいるつもりの方もいますが、それでも新人に色々と教える機会はあったりしますよね。
その時に新人の教育ができてなかったら怒られるのは自分です!自分に上司としての「責任」がのしかかった時、今経験していることは自分達の「強み」にもなるんではないでしょうか?部下を育てることで安心して仕事を任せる事も出来ますよね。
もし今、怒られていることで会社に不満やストレスを感じている方は少し会社での「考え方」「捉え方」「身の振舞い方」を変えてみたらどうでしょう?この機会に自分を見直してみるのはどうでしょう?自分のステップアップや今まで嫌だなと思っていた「怒られる」も活力に繋げていくことが出来るかもしれませんよ?

lgf01a201307020700
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)