結婚した二人の間に赤ちゃんができた、こんなにうれしいニュースはそうそうありませんよね。幸せいっぱいの妊娠期間、実は、この期間こそが夫婦仲を深めるための大チャンスなのです。

☆妊娠出産は夫婦の大事業☆
妊娠出産は、妻だけのものではありません。夫婦二人の大事業なのです。この妊娠出産時期に協力しあわなかった夫婦は、その後離婚したり、仮面夫婦になるケースが多く、逆に協力し合った夫婦は、その後の関係も良好と言う統計もあるくらい。特に、女性側にとって、妊娠~出産までの記憶や感情は、後々まで残りますので、この時期に夫にどれだけ大切にされたかで、その後の夫への感情が変わってしまうのです。
この時期のよくあるトラブルとしては、男性が、自分の両親を、この夫婦の一大事業の中に組み込もうとして、女性の不信感を買ってしまうケースや、女性側がヒステリックになってしまい、男性が疲れ果ててしまうケース、妊娠中のセックスレスによる男性の浮気でしょうか。こういったトラブルを上手に避けつつ、お互いがお互いを思いやり、幸せな気分で出産に臨みましょう。

☆妻の希望がない限り、他人を組み込まない☆
この手のトラブルは本当に多いもの。でも、妊娠~出産というものは、かなりデリケート。特にこの時期の女性はホルモンバランスが乱れきってしまっていますので、今まで関係が良好だったとしても、他人に入ってほしくないと思ってしまうこともあります。
中には、自分の両親すら寄せ付けないという人もいるくらいに、神経がピリピリしていることも。妻が「あなたの両親に助けてほしい」と言わない限り、絶対に立ち入らせてはいけません。いくら、両親が「私の孫よ!」と言っても、ダメです。両親の孫である以前に、あなたと妻の子どもであるという自覚をしましょう。

☆セックスはお互い譲り合って!☆
妊娠中~授乳中の女性は、どうしても性欲が落ちがち。ですので、無理強いすることはやめましょう。でも、男性にとってSEXはとても重要なこと。女性はそれを理解しなければいけません。安定期に入ったら数度に一回は応じてあげる、手や口を使って満足させてあげる、とある程度の気遣いは見せるべきです。この問題はお互いがお互いをどこまで気遣えるかで変わってきます。自分が自分が!ではなく、相手を思いやって妥協点を探っていきましょう。

☆つわりの時期は本当につらい☆
なかなか男性にはわかりにくいかもしれませんが、妊娠期間中はかなりつらい時期が続きます。代表的なのはつわり。つわりはいろんな症状があり、人によって違うのですが、つわりがあまりにもひどい場合は入院を必要とするケースもあるほどつらいものなのです。
「寝てばかりで家のことをしない」
「こいつ、本当につらいのか?」
そんなことを言う男性がいるようですが、それは本当に悲しいこと。女性が妊娠するということは、おなかの中で、他の人間を一人育てるということ。そのためには、自分のカラダを作り替えなければいけないのです。妊娠~出産まで、目まぐるしく変わっていく自分のカラダの変化についていけないのは当たり前。そこは少し理解してあげてほしいと思います。

☆できる限りのことはお手伝い☆
妊娠初期はつわり、妊娠後期は股関節の痛みやおなかの圧迫による睡眠不足、出産後は子育て出て一杯、なので、一人出産するごとに最低でも2年は家事が適当でも仕方ないと諦めなければいけません。そんなとき、夫が少しでも手伝ってくれたら、妻はどんなにか喜ぶことでしょう。二人の赤ちゃんのために、出来る限りのことを自発的にしてくれる夫を妻は頼りにしてくれるようになります。ポイントは妻と赤ちゃんを気遣うということ。愛されてるという実感があれば、妻は夫に感謝し、ますます愛してくれるようになるでしょう。

☆夫をほったらかしにしないで☆
妊娠中、カラダがつらいのはわかります。出産後は子育てで忙しいのもわかります。けれど、夫をほったらかしにしてはいけません。夫だって愛がほしいですし、優しくしてほしいはず。気遣ってくれ、手伝ってくれ夫への感謝は常に伝えていきましょう。そのうえで、できる限り、夫とコミュニケーションをとるようにしてください。これがあるのとないのとでは、支える側である夫の気持ちもだいぶ変わってきます。夫への愛だけはきちんと表現していきましょう。

☆出産中、夫の励ましはうれしいもの☆
最後に月森の体験談になりますが、出産中、夫が励ましてくれたのがとても心強かったです。仕事を早退し、陣痛でうんうん唸ってる月森の腰をマッサージし続けてくれ、生まれるその瞬間まで手を握っていてくれたので、本当に出産は二人で行ったものだと思っています。

pic_g064
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)