薬はどうやって管理していますか?薬箱にいれたり、リビングの引き出しに入れていたり様々な方法で管理されているとおもいますが、薬を使いたいときはたいていツライとき。いざ使いたいときにパッと取り出せるような収納をご紹介します。

【薬箱を整理する】
テーブルや床に新聞紙などを広げ、薬箱の中身をだします。薬にも期限があります。期限が切れている物がないかチェックしましょう。期限切れの物は処分します。

【1回分に小分けにする】
よく飲む機会のある薬でシートで販売されている物は、1回分ごとにシートをきって保管しましょう。例えば大人1回2錠飲む薬であれば、2錠ずつハサミできっておきます。効能など薬についての詳細を、あとから知りたいと思うこともありますので箱は捨てずにとっておきましょう。1回分ごとに区分けをしたら箱に戻しておくことをおすすめします。ビンに入っている薬はビンから出してしまうと品質が変わってしまうことがありますのでビンのまま保管しておきましょう。

【薬を収納する】
薬を分類し、1回ごとに区分けしたら薬を収納していきます。専用の薬箱があればそれを使いましょう。これまで使っていたものでももちろん大丈夫です。薬箱を持っていない方はひとまずカゴなどにひとまとめにしておきましょう。購入するのは収納の場所が決まってからでも遅くはありません。
薬を収納するときに、どこに収納したらいいか考えます。リビングやキッチン、ドレッサーなどご自身のライフサイクルに合わせた場所でかまいません。ご家族で住まわれている場合はリビングなどみんなの共有スペースがいいと思います。ご家族全員が手の届きやすい低い位置がいいですね。専用の薬箱やこれまで箱やケースなどを持っていない人は引き出しに直接しまっても大丈夫です。
その場合は、引き出しをひいたら何の薬か一目でわかるように、パッケージに書かれている字が見えるように収納していきます。また、塗り薬は右側、飲み薬は左が、包帯は奥、というように、使い方によってだいたいの位置を分けてしまうと探すときに見つけやすくなります。

毎日使うわけではないけれど、使いたいときはパっと取り出せるような収納をご紹介しました。でも、薬は自宅以外でも使うことがありますよね。例えばバンドエイド、目薬などちょっとしたものはポーチなどに入れて持ち歩くこともあります。こういうものは持ち歩き用と自宅で使う用とで分けて持つことをおすすめします。外出中はポーチの中のもの。自宅にいるときは自宅の薬箱にあるもの、というように使い分けると、しまい忘れ、置きっぱなしにしてしまうということがなくなります。

b0af76f501812f34b55ab0f8846ed7a1
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)