ニットは秋から冬にかけての定番アイテム。誰でも1枚は持っているのではないでしょうか?間違ったお手入れをしてしまうとすぐに毛玉ができてしまったりして着られなくなってしまいます。そうならないための、正しいお手入れや管理の方法を汚ご紹介いたします。

【連続着用を避ける】
毛玉の原因は摩擦です。特に静電気の起きやすい化学繊維との組み合わせで毛がからみ合い、毛玉の原因になってしまいます。1日着たニットは平らな場所に置き、ブラッシングをして1日休ませてあげましょう。ブラッシングをすることで毛並みを整え、ホコリやゴミなどを取ることができます。ブラッシングをするとききは生地をいためないよう、編地の目に沿って、優しくブラッシングしてあげましょう。

【バッグの持ち方を工夫する】
バッグはどのように持っていますか?肩や腕にかけて持つことが多いかと思いますが、そのバッグの持ち手との摩擦でニットに毛玉ができてしまいます。お気に入りのニットを着る時は、バッグの持ちからにも工夫をしましょう。

【洗い方】
最近では、自宅で洗えるニットもたくさんでています。裏側の洗濯表示をよく確認しましょう。ドライ指定の製品については、ドライクリーニングに出した方が安心です。

【自宅での洗う場合の注意点】
ニットの洗濯は手洗いがベストですが、洗濯機で洗う場合は摩擦を押さるように心がけましょう。水の中で動かしすぎないことがポイントです。洗濯ネットは100円ショップなどでも購入できますので、ネットを使って洗うようにしましょう。その際、網の目の細かいものを選びましょう。目の細かいネットの方が、衣類をしっかり包んで保護してくれます。ネットに入れるときはニットをたたんだ状態で入れましょう。洗濯中に必要以上の摩擦から守ってあげることができます。洗剤や洗い方はニットの裏側に記載されている洗濯表示を確認しましょう。

【干す時のポイント】
ハンガーにかけてほすと型崩れを起こしてしまう可能性があります。平干し専用のネットも販売されているので、そういうものを利用すると型崩れの心配がありません。また、お風呂のふたを利用する方法もあります。お風呂のふたにバスタオルを敷き、その上にニットを置きます。このとき、タオルの下にプラスチック製のカゴなどを置いてスキマをつくると、風通しがよくなりますね。

【収納方法】
衣装ケースなどの引き出しに丸めて収納するとシワになりません。防虫剤を入れる場合は、ニットの下ではなく、ニットの上に置く方が、高い効果を得られます。これは、防虫剤の成分が重く、薬剤が下に向かって流れるからです。

定番アイテムのニットも、正しいお手入れと管理で大事に扱ってあげると、長くたくさん着ることができますよ。お気に入りのニットは特に大事にしたいですね。

PS_Half_Half_Knitwear-065_cmyk__fin_
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)