消耗品のストック、なにをどれくらい、どこに置いていますか?安いから、どうせ使うからとセールのたびに買っていませんか?ついつい買ってしまう消耗品のストックについてご紹介いたします。


【カテゴリーごとにあつめる】
洗面所で使うもののストックは洗面所、キッチンで使う物のストックはキッチンと、カテゴリーごとにあつめ、今何をどれくらい所有しているのか自分の目でチェックします。スーパーやドラッグストアのビニール袋に入ったままのものは袋から出します。


【収納場所を検討する】
毎日の行動動線、ライフスタイル、お家の間取りなどにもよりますので「ここがベスト」ということはその人や状況により異なります。しかし、可能であれば使う場所の近いところに収納すると、なくなったときにすぐに新しい物を使うことができるようになります。例えば、お風呂場で使うシャンプーやリンス、ボディーソープなどのストックは脱衣所や洗面所などお風呂のすぐそばにおいておくと、もしお風呂に入ってしまってからなくなっていることに気づいても、新しい物を出すことができます。


【収納する】
収納場所が決まったら、収めていきます。100円ショップなどのプラカゴ、書類ケースなど収納場所にあった収納グッズを用意しましょう。たとえば、洗面所の引き出しに歯ブラシのストックをしまおう!と決めた場合、引き出しの内側のサイズを測り、そのサイズに入るケースやプラカゴを探します。面倒だからと適当に買ってきてしまうと引き出しに入らなかったり、逆に引き出しの中に余分なスペースができてしまったりします。きちんとはかってから収納グッズを購入するようにしましょう。収納グッズがきまったら、そこに入る分を適正量とします。いつもストックの量を確認できるので安心です。一つ使ったら一つ買う、というようにストックばかり溜め込まないようにしましょう。


安いから、どうせ使うからとセールのたびに買ってきてしまうと、使うスピードが追いつかずストックがドンドンたまっていきます。セールだとつい買いたくなってしまいますが、通常価格と比べてみてどれくらい安いのか、またそのセールは頻繁に行われていないかなどをチェックしましょう。一般的に日曜消耗品は頻繁にセールを行っていることが多いです。今回何も買わなかったとしても、その次、もしくはその次の次くらいのセールでも十分間に合います。「買わない勇気」も時には必要です。

631432a

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)