最近、使い捨てマスクをしている人が増えてきました。風邪をひいたから、という人よりも予防でつけている人もたくさんいますね。風邪だけでなく花粉症、インフルエンザなども気になります。しかし、マスクを正しくつけていないと効果がありません。正しい使い捨てマスクのつけ方をご紹介いたします。


【マスクの裏と表】
マスクの表裏、上下を確認します。表裏の見分け方は、マスクのプリーツ(ひだひだになっている部分)部分をみます。このプリーツが下向きにきている方が表です。逆につけてしまうと折り目に花粉やほこりなどがたまってしまいますので注意が必要です。

また、ゴムが外側になるように設計されているものが多いのですが、メーカーによって違いがあるようなのでゴムの位置よりもプリーツの向きを確認する方が確実です。

マスクをよく見てみると針金が入っているのがわかると思います。触ってみると固くなっている部分です。この針金が入っている方が上になります。


【マスクの正しいつけ方】
まず、針金の部分を少し曲げて、鼻にフィットするようにします。隙間ができないようにつけるためです。両側のゴムを耳にかけたら、片方の手で鼻の部分を抑え、もう片方の手であごが隠れるまでのばします。ただし、広げすぎは禁物です。ほほ周りに隙間ができないように注意しましょう。顎まで入らない場合はマスクのサイズが合わない可能性があります。



【マスクを外す時に気を付けたいこと】
マスクを外す時は、フィルターの部分に触れないようにゴムの部分を持ってゆっくりとはずします。外した後はゴミ箱へ捨てます。このとき、ビニール袋などにいれ、ビニール袋の口を縛ってから捨てた方が安全です。マスクを捨てたらすぐに手を洗います。手についたウィルスを石鹸でしっかり洗い流しましょう。

マスクは1日1回の使い捨てにしましょう。破れていないから、汚れているわけではないから、と何日も同じマスクを使うということはマスクに付着した花粉やウィルス、ホコリなどを吸ってしまうことになります。

また、顔に合ったサイズの物を選ぶようにしましょう。最近は子供用や女性用などのタイプも販売されています。大きすぎてもスキマができてしまったり、途中でずり落ちてきてしまったりすることがありますので注意が必要です。マスクの効果が十分発揮できるよう、マスクの向き、つけ方をよく確認しましょう。

img61048433

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)