海外には寝たきりの高齢者がほとんど居ない事をご存知ですか?

日本人の平均寿命は80歳と言われていますが、日常生活を送れる健康寿命は70歳程度と言われています。その後は、寝たきりの余生を過ごす方が少なくはありません。

わたし達は寝たきりの生活を送っている高齢者の姿を見ても、あまり違和感を覚える事はありません。医療技術の進歩した日本では寝たきりの状態でも、点滴などの処置をし、今際の時まで治療を受ける事が当たり前だからです。しかし、海外にはこの寝たきりの高齢者がほとんど存在しないのです。それはなぜなのでしょう。

〜福祉大国スウェーデンを例にあげて見ていきましょう。〜

スウェーデンの高齢者施設では、高齢者が自分で物を食べる事が出来なくなっても、点滴などの処置はしません。自分で口に運べるように最低限の介助を行うのです。また、病気になったら注射などの治療は行わず、内服薬を処方するだけの治療を行い、高齢者に負担のかからない医療を行うそうです。ここだけ聞いてしまうと、福祉大国スウェーデンの意外な実態に衝撃を受ける方が多いのではないでしょうか。

ですが、これは決して医療費削減や高齢者の切り捨てではないのです。スウェーデン国民には「点滴などの人工栄養で延命を図る事は非論理的である」という考え方が多く根付いているからです。無理な延命処置をせずに自然の死を迎える事こそ、高齢者の尊厳を保つ最善の方法だと考える。つまり高齢者は寝たきりにならないまま生涯を終える事が出来るのです。

ですが、日本人の考え方からするとこれは少し残酷に感じるかもしれません。日本では、鼻からチューブを入れ、直接胃に栄養分を送ったり、多くの点滴をしたりします。それは、少しでも長く延命してほしいというのが家族の願いだからです。ですが、自分が延命される側だったら・・・と考えると中々それが自分の望むことなのかどうか、答えが出ないのが本音です。

平均寿命の長さ=寝たきり老人の多さ これは果たして正解なのでしょうか。

一度思い出してください。毎年100歳を超えている高齢者がお正月番組などでおせち料理など食べている姿が紹介されますが、そんな風に取り上げられる高齢者のみなさんって、とても元気に感じませんか?

現在、介護現場では深刻な人材不足が騒がれています。介護福祉人材が不足する背景としてよく指摘されるのは「それに見合う待遇改善が不十分であること」そして、「介護現場によっての給与格差がある事」です。その為、少しでも待遇の良い施設や、介護度数の低い高齢者が多い施設などへの流動が止まらないのです。

「介護度数の高い高齢者が多い施設では人材不足が起こる」「介護度数の低い高齢者が多い施設では良質な人材が確保しやすく、給与も高い」のです。

すると、深刻な人材不足を改善する方法も見えて来ました。それは高齢者が元気で、自分自身の事が出来るようになる事が、介護をする側の待遇改善にも繋がるのではないでしょうか。

先日、某テレビ番組で【寝たきりにさせない介護医療】について放送していました。アルツハイマーを患った高齢者に多い傾向として、トイレを「嫌な所」と認識してしまい、行かなくなる傾向があるそうです。その為、介護施設の多くはおむつで対応となります。しかしそれが寝たきりの高齢者を生む原因となってしまうのです。寝たきりになってしまうと、結局1人当たりの介助時間が増え、また、おむつを使うことにより介護施設側のコストもかかります。

放送していた介護施設では、トイレ時間前にレクレーションを行い、それからトイレに誘導したところ、トイレは「楽しい場所」との意識づけが進み、レクリエーションを行う以前よりトイレに行きたい!と事前に申告してくれる人が増えたそうです。その為介助時間が減り、介護施設側では、年間約200万円のコスト削減になりました。もちろん削減された金額は、介護スタッフへ支給されたそうです。

この一工夫、それが介護をする側、またされる側にとって大切なのではないでしょうか。なんでも手伝うのではなく、高齢者の自立心を持たせてあげる事。それが介護職に就く方々の職場待遇改善にも繋がるのです。上記でも話しましたが、食事を自分の力で行う事や自立心を持たせる事で高齢者が元気でいる秘訣なのかもしれません。

今回紹介するのは高齢者が自分の力で食事がとれるようにと研究開発された商品【こぼれん盆】です。「食器を固定式にしている為こぼれにくい」「斜めになっていて片手でもかき混ぜやすい」「料理が寄せやすく一人での食べやすい」を徹底追及され作られた介護用お盆トレーです。

「自分で食事を取る楽しさ、自分で自分のことを面倒見る」当たり前の事ではありますが、要介護になった方にはなかなか感じる事ができない気持ちです。このこぼれん盆で、それを再度実感させてあげてはいかがでしょうか。
『こぼれん盆』http://goo.gl/uGUBZ6

gf01a201502031000

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)