スーパーで買ってきた食材や、いただきものの食材。無駄なく最後まで使い切りたいですよね。あまり知られていない、あんな食材やこんな食材を冷凍するときのコツをご紹介いたします。


【調理済みのもの】
ごはんはたいたあと、1食ずつラップにくるんで、よくさましてから冷凍しましょう。食べるときは電子レンジで解凍できます。多めに炊いて冷凍しておけば、いざというときに便利ですね。
サンドイッチは1食分ずつラップに包めばそのまま冷凍保存できます。凍ったままのサンドイッチをお弁当箱に入れたり、ペーパーナプキンなどに包んだりして持っていけば、お昼頃にはほどよく自然解凍されています。

パスタ、焼きそばも1食分ずつ小分けにしてラップや保存容器などにいれて冷凍することができます。パスタはオリーブオイルなどをからめてから冷凍しておくとおいしく食べられます。解凍するときはそのままでも食べられますが、温めた方がおいしく食べられます。パスタはお好みのソースをかけて食べてくださいね。

コンビニで買ってきたお弁当やお惣菜も冷凍できますよ。食べようと思って買ってきたけど、結局食べなかった、なんていうときはそのまま冷凍庫にいれて冷凍してしまいましょう。電子レンジであたためられるおかずであれば、解凍後もおいしく食べられます。


【食材】
水分の多い野菜は冷凍に不向きです。解凍した後おいしく食べられないものもあります。また、食材を洗った時についてしまった水分も、なるべくふき取ってから冷凍するようにしましょう。処理が簡単なのはキノコ類です。1回分ずつ小分けにして、ラップなどでくるんで冷凍しましょう。
小松菜は水洗いした後、水分をとってからラップにくるんで冷凍します。食べるときは熱湯をかけたり電子レンジで温め解凍してからお水を切れば、おひたしになります。
大根、きゅうりなどは輪切りにして塩でもんで水気をよく切ってから冷凍します。大根おろしにする場合は、製氷皿を使うと、使う分だけ解凍できるので便利です。


【加工品】
納豆も冷凍できます。パックのまま冷凍庫に入れてしまいましょう。自然解凍で食べられます。ソーセージは袋が未開封なら袋のまま冷凍できます。開封したものであればラップにくるんでから冷凍します。調理するときは、凍ったまま調理すると破裂することがあるので気をつけてくださいね。ハムは4~5枚ずつ、できるだけかさならないようにラップにくるんで冷凍しましょう。

忙しい毎日でも、食事には気を付けたいもの。お休みの日や時間のある時にちょっとした工夫をして冷凍すれば、おいしく食べられるものがたくさんあります。

FCFOU_paeria500-thumb-600x794-4489

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)