季節ごとに衣替えって結構大変ですよね。面倒くさがり屋さんは「衣替え」と聞くだけで拒否反応をおこしてしまいます。実はクローゼット1つの空間で全ての洋服を管理できれば洋服を移動させる必要がないので衣替えをしなくてもよくなります。暖かくなってきたからコートを衣替えしてしまったのに急に寒くなってまた出す羽目になった。ということもなくなります。今回は“ズボラ女子”でも続けられる簡単クローゼット収納術をお教えします。

【着ていない服は手放しましょう】
まず今着ていない洋服は手放しましょう。1年に1度も着ていない洋服は今後も着ることがないので手放します。
1年に1度も着ない服の特徴
・明らかに体型が変わり着られなくなった洋服
・流行りが過ぎてしまった洋服
・買ったものの似合わない・太ってみえる
・洋服の糸がほつれている・ボタンが取れてしまっている
このような洋服はタンスの肥やしになっている可能性大です。処分もしくは量が多ければリサイクルショップで買い取ってもらうとよいでしょう。

【ゾーンごとに分ける】
①仕事とプライベートで分ける
例えばクローゼットの右側は「仕事用」、左側は「プライベート用」とゾーン分けをするだけで、洋服を選ぶ時に楽になります。
季節で分ける
仕事用、プライベート用と分けたら、衣替えをしなくてもいいように更に「春夏物/秋冬物/通年物」とエリアを作ってあげましょう。
ジャンルで分ける
セーター類、シャツ類、スーツ、コートという風にジャンルごとに分けてあげます。しわになる服や畳めない洋服はハンガーに、畳める洋服は引出しやケース入れ、見やすい所にラベルを貼ってあげるとどこに何が入っているか一目で分かるのでおすすめです。また、今日は「黒の服にしよう!」と色で選ぶことはありませんか?洋服選びに迷ってしまう方は衣類の色や素材を揃えて収納することをおすすめします。

【通年物の服は良いものを】
通年を通して着る服は実は一番出番が多い洋服です。流行りの服を購入してしまうと、流行が過ぎる度に処分するという面倒な行為が増えます。通年の服は、流行りがないもので少しお高くても、丈夫な良いものを選びましょう。トータルで考えると長く使えて経済的にもお得ですよ。

【取り出しやすいハンガーの数は?】
よく、クローゼットのバーにハンガーがパンパンにかかっているのを見かけます。これでは洋服もかけづらいですし取り出しづらいです。実はハンガーも取り出しやすい数があります。ハンガーとハンガーの間は「3cm」がおすすめです。例えばバーが90cmなら、90cm÷3cmで理想のハンガー数は30本になります。冬物は厚みがありますので「6cm」と考えてくださいね。
また、ハンガーは全部同じモノで揃えてあげることでキレイに見えますし、統一されていますから違うハンガーが入りづらくなるので整理収納の継続にも繋がります。ハンガーは長く使うモノなので厳選して良いものをお使いください。

【洋服収納のおきて】
引出しに収納する洋服は上に重ねて入れると下にある服が取り出しづらくなりますので、「立てて収納」をして取り出しやすくしましょう。さらに引出し内に「仕切り」を置くと収納が崩れにくくなりますよ。

【リバウンドしない方法】
バーにかかっているハンガーの数はバーの長さから導き出されるのでハンガーは追加せずその数を守るようにしましょう。くれぐれもクリーニングのハンガーを追加しないように注意してください。そして、「1着新しい洋服が入ったら1着手放す」を繰り返してあげます。それを永遠に続けることで洋服がどんどん増えてしまうことを防ぐことができます。日頃からの心掛け一つで「気合いをいれて洋服を一気に整理する」という面倒なことをしなくてもよくなります。

【衝動買いを防ぐには】
リバウンドしない方法は分かっても、ついやってしまうのが「衝動買い」です。衝動買いは、本当に着たい洋服が見つかった場合とストレスで買ってしまう場合と2パターン考えられます。もしもショッピングをしていて欲しい洋服が見つかったら「本当にこの服は着るのか?」「今家に1着手放せる洋服はあるか?」と一瞬でいいので考えてみてください。案外冷静に判断でき、衝動買いを防ぐことができますよ。

いかがでしょうか?この収納術は著者のクローゼットで実際に行っています。基本が面倒くさがり屋なので、いかに“楽”が出来るかを考えた整理収納法です。今まで衣替えをするのが面倒だった方、もっとクローゼットを使いやすくしたい方はぜひお試しくださいね。

MR-EST-SETK
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)