新製品だから試してみよう、話題になっているから買ってみよう、セールで安いからこれでいいや!なんていつも使っているものとは違うシャンプーやリンス、コスメ類を買ってみたもののニオイが苦手だったり使い心地が悪かったり、肌に合わなかったなんていうこともありますよね。でも、そのまま捨てるのはちょっと躊躇してしまう、という時に参考にしていただきたい方法をご紹介いたします。


【リップの使い道】
リップはメイク直しに使えますよ。綿棒などの先にリップクリームを少しだけのせて、メイクがよれた部分にのせると簡単に落とすことができます。また、リップクリームには油分が含まれています。ハンドクリームの代わりにつかえます。ひじやひざ、かかとなどにも使えますよ。


【ファンデーションの使い道】
お肌に合わなかったファンデーションは、ボディメイクとして使うことができます。足の両サイドに塗るとほっそり効果があります。塗りすぎには注意しましょう。また虫刺されのあとを隠したいときも便利ですね。割れてしまったファンデーションは、別の容器に入れ替えて粉々にしてしまいましょう。ブラシでくるくるとつけてもよいですね。


【もう使わない香水の使い道】
長期間使わなくて香りが飛んでしまった香水。香水にはアルコールが入っているので、不要な布などに吹きかけて鏡などのお掃除に使えます。まだ香りは残っているんだけど、もう飽きてしまった、という香水はトイレの芳香剤としてトイレットペーパに振り掛けてしまうという方法があります。この時、ペーパー部分ではなく、芯の部分に振り掛けるようにしましょう。使うたびによい香りがします。


【シャンプー・リンスなどの使い道】
肌に合わなくて使えない、という場合はお風呂場やトイレのお掃除に使ってみてはいかがでしょうか?シャンプーには体から出た皮脂や汗、タンパク質などの汚れを落とす効果があります。また湯あかもよく落ちます。しかし、一般的なお風呂用洗剤よりも泡切れがよくないので、しっかり洗いしましょう。洗い流しがたりないと、滑ってしまい転倒する恐れがあります。また、シャンプーやボディーソープは洗濯にも使用できます。エリや袖口の汚れもよく落ちます。血液の汚れにも効果があるのでまずはシャンプーをつけて部分洗いをしてみてくださいね。

リンスはお湯にとかして、くしやヘアブラシを付けておくと、静電気防止になります。使う時はしっかりとすすいで乾かしてから使いましょう。また、お湯に溶かしたリンスは寝癖直しにも使えます。


身近で簡単にできる方法をご紹介いたしました。捨ててしまうのは簡単だけれど、でも上手に活用できたら最後まで使いたいですよね。本来の使い方以外にも使い道は色々あります。できるところからお試しください。

cosmetics-photo-picture-material_38-5431

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)