みなさんは、行楽の予定立てていますか?

この時期になると、『桜前線到来』や『春一番が吹き荒れた』などのニュースを多く聞かれるようになります。間もなくやって来るのが、お花見シーズンですよね。この時期を、待ちわびている人は多い事ではないでしょうか。しかし、日本人はなぜ桜を愛するのでしょう。

実は、神秘的な言い伝えもあります。その歴史は古代神話以前までさかのぼります。日本人が崇める神様を八百万の神と言います。その中に、山や田の神、「サ」神が存在したそうです。サ神は、早苗、早乙女、皐月などと同じように稲や田の神々をさします。その神が、現在の桜の根元に鎮座したとされ、神が鎮まる座を意味する「クラ」と合わさり、桜(サクラ)と呼ぶようになったのが始まりと言われています。サ神を信仰する古代の農民が豊作を祈願し、桜の木の根元で供え物をし、神を崇めたのが始まりといわれています。この行為が、受け継がれ、日本人が無条件で桜を好む理由の一つかもしれません。では、お花見の宴はいつ頃より始まったのでしょうか。

お花見と言えばみんなはどんな場面を思い浮かべますか?
わたしの勝手なイメージですが、平安絵巻などに描かれている、紫式部と桜の場面を想像します。平安時代には貴族たちが、挙って桜を愛でた歌(短歌や句)が数多く作られたそうです。平安絵巻のような華麗な十二単などで着飾った貴族たちが、桜を楽しみながら宴をする様子や、歌を読む光景が目に浮かんできませんか。

しかし、実際には江戸時代に入ってから一般の庶民も楽しむ行楽行事になったそうです。農民の豊作を祈願する行事から、宴を囲んで豊作を祝う春の行楽行事へと変わっていったのです。その後、江戸町民の間にも徐々に広がって、桜を見ながらお酒を酌み交わすという現在のスタイルになったのです。しかし、ここまで桜が身近に楽しむ事が出来るようになったのには、徳川8代将軍「徳川吉宗」が大きく関係しているのです。当時、庶民は貧しい生活を強いられていました。それに耐えかね、庶民による放火や暴動が絶えなかったそうです。その時、暴れん坊将軍でお馴染の徳川吉宗が、庶民の日頃のうっぷんを発散できる娯楽が必要と考え、街に桜を植樹し、お花見を世に広めたそうです。こうして、身近に楽しめる、お花見の場所が増えた事も、お花見文化が広がった大きな理由なのかもしれません。では、現在の、お花見の名所をご紹介すると致しましょう。


♦[夜桜]六義宴
六義宴の春の風物詩である「しだれ桜と大見様庭園のライトアップ」が今年も開催されています。庭園中心部に通じる内庭大門をくぐると現れる、六義園のシンボルともいえるしだれ桜が現れます。高さ約15m、幅は約20mに及びます。春の陽光に照り映える昼の姿と、夜空に浮かび上がる姿はどちらも見ごたえ十分です。薄紅色が月明りの元、ライトアップされた様子は、幻想的で美しい姿をかもしだします。
期間:平成25年3月22日(金)~4月7日(日)
住所:東京都文京区本駒込6-16-3
見頃:3月下旬から4月上旬


♦野山北・六道山公園
雑木材と谷戸の組み合わせによって、豊かな自然が残る都内最大の都立公園です。緑が多く、自然を存分に体感できるスポットです。園内のサイクリングロードに沿う桜並木が有名です。満開に桜が咲き誇る淡いピンクのトンネルを自転車で走り抜けるのは、最高な気分です。
住所:東京都武蔵村山市三ツ木4-2
見頃:4月上旬から4月中旬


♦増上寺
浄土宗の七大本山の一つ。6人の徳川将軍の墓所がもうけられている徳川家の菩提寺でもあります。交通の便も良く、多くの人々が祈願に訪れる。 お花見スポットとしても知られ、門をくぐれば本堂や東京タワーをバックにしだれ桜が出迎えてくれる。境内の裏手に廻れば、数百本のソメイヨシノが咲く美しい風景が広がる。
住所:東京都港区芝公園4-7-35
見頃:3月下旬~4月上旬


♦浜離宮恩賜庭園
汐留駅から徒歩5分の好アクセスにある浜離宮恩賜庭園です。園内にはソメイヨシノ、オオシマザクラ、八重桜など約110本の桜が植えられています。多くの種類の桜が一気に楽しめるスポットとなります。駅からも近く、買い物のついでに足を運んでみるのはいかがでしょうか。
住所:東京都中央区浜離宮庭園1-1
見頃:3月下旬~4月上旬(ソメイヨシノ)、4月上旬~4月中旬(オオシマザクラ、ヤマザクラ)
    4月中旬~4月下旬(ヤエザクラ)


♦小石川後楽園
園内には7本のしだれ桜と、多くのソメイヨシノがあります。中でも、入り口正面にあるしだれ桜は見事な枝ぶりです。かつてそこには、樹齢100年以上というしだれ桜の古木がありましたが、現在のものはその後を継いで植えられたもので、推定樹齢は60年を越すと言われ、その姿は威厳のある風格をかもしだしています。堂々ととした桜の存在感を実感したい方にはかなりお勧めのスポットです。
住所:東京都文京区後楽1-6-6
見頃:3月中旬~4月上旬


♦多摩川台公園
多摩川台公園は多摩川に沿って伸びる丘陵地に約750メートルにわたって、展開している広大な公園です。面積は66,661平方メートルあり、自然林の道、古墳、展望台、水生植物園、四季の野草園、あじさい園、山野草のみち、ふたつの広場など見所は豊富です。桜は約300本植えられており、見頃になるとシートを敷いてわいわい楽しむ人で賑わうスポットです。
住所:東京都大田区田園調布1-63-1
見頃:3月下旬~4月上旬


お花見のスポットは、都内だけで調べても沢山あることが解ります。これから迎える行楽シーズンが楽しみになってきます。しかし、お花見や歓送迎会、至る所でお酒を飲む機会が増えていくのではないでしょうか?楽しい時間を過ごすという事は、自然に寝る時間などが、削られてしまう時期でもあるのです。ついつい楽しい時間は過ぎるのも早く、気づいた時には午前様・・・。こんなの体いい訳ないですよね!!

そんな時に、内側からキレイと健康へ導く食べるスキンケア商品【プロ・プラセンタ】です。プラセンタは、コラーゲンに並ぶ美容成分です。しかし、辛い二日酔いにもプラセンタは効果を発揮します。元々肝臓や肝機能障害を持つ人に、処方された医薬品です。その為、二日酔いにも効果が実感できる方が多いのです。また、更年期障害などの体調のすぐれない女性の為に処方されていたのです。しかし、飲んでいた女性が、肌のハリが出てきり、どんどん肌が若返っていき美肌になれる成分であることが分かったのです。是非これからの時期、周りの女性よりも体内美人になってみてはいかがでしょうか。
春は出会いの季節です。どこで素敵な出会いが待っているか解りません。油断しないで常に美を意識した生活をしましょう。
『プロ・プラセンタ』http://goo.gl/JoLHIa

AXIS85_sakiahurerusakura20130413114333500-thumb-1500x1000-12112

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)