仕事をしているけれど、仕事だけをやっていても効率は下がっていきます。人間の集中力は、もって1時間ですからね。1時間仕事して、息抜きして・・・を繰り返さないと、仕事もうまくいきません。これは学生でも同じことが言えますよね。「楽しい!」と思って仕事をしている人は、そうそういませんよ。


◆仕事中に息抜きしている人ってどれくらいいるの?
仕事中に息抜きしている人は、けっこうな数います。というか、おそらく「全員」です。みなさんがメリハリをつけて仕事をしているということですね。
では、どんな息抜きをしているか?というところですが、多くの人が「トイレ」だったり、「メール」や「ネットサーフィン」をしているようです。仕事をしている「フリ」をして、実はネットをしている・・・なんてよくある話ですね(笑)男性に多いのは、やっぱり「たばこ」ですね。禁煙者も増えていますが、やっぱりタバコ休憩は人気が高いものとなっています。女性の場合は、「おしゃべり」でしょう。男性のタバコと同じように、おしゃべりは仕事のストレス発散にもなります。


◆オススメ息抜き法
上司に怒られるような息抜き法をしてしまったら、ストレスが貯まるだけになってしまいますので、どうせなら怒られない息抜き法をやりましょう。

①おやつを食べる
おやつを食べることで息抜きになります。甘いものを摂ると集中力が高まりますので、脳が活性化しますよ。仕事中ですので音が出るものは避けてくださいね。

②ボーッとする
考え事をしているふりしてボーっとしましょう。「何をぼーっとしているんだ」と言われたら、「いえ、この企画について考えていました」と適当なことをいっても大丈夫だと思います。

③トイレに行く
私語がダメだったり、飲食がダメだったりする職場もありますから、おしゃべりもできないしおやつも食べられないという人もいるかと思います。そういう人は、トイレに避難しましょう。個室で用を足す必要はありません。座って休むだけでもほっとしますよ。

④コーヒーを飲む
やっぱり定番はコーヒーや紅茶を飲むことですね。カフェイン効果で眠気も吹き飛びますから、さらにオススメです。

⑤待ち受け画面の変更
携帯が触れる会社であれば、待ち受け画面を変えてみましょう。パソコンでもいいです。定期的に待ち受け画面を変えて、気分を変えることで仕事への意欲も変わってきます。お気に入りの俳優さんなどの壁紙にしてもいいのではないでしょうか。
もちろん、人によっては不快に思う人もいるかと思いますので、自分しか触らない・壁紙変更自由という人のみで。

⑥目を休める
長時間のパソコンの使用は目を疲れさせます。席を立てないときもあるかと思いますので、そういったときは、遠くを眺めるようにしてみてはいかがでしょうか。長時間目を閉じるのは「寝てる?」と思われてしまう場合がありますので、目をつむって首を回したり手を伸ばしたりしてストレッチしましょう。こうすることで「あ、目が疲れたんだな」と思うはずです。ここで「何をやってるんだ」と怒るような会社はブラック会社ですよ。


◆ちょっとでも楽しいことをする
時間の経過が遅く感じるときは、集中力が低下してきているという脳からのサインです。「ちょっと疲れたから休んでよ」と脳がメッセージを送っています。とはいっても、じゃあ休むということもできませんよね。だから、息抜きが必要となるのです。こういうときに脳を休ませてあげることは無理なので、逆に刺激を与えてあげるようにしてみましょう。パソコンを触っているのであれば、指先をとめて足を動かしましょう。もしできるのであれば、音楽を流してもいいと思いますよ。脳には個人差がありますから、10分に1回などの休息時間を決めることができません。
また、人それぞれ仕事内容が違いますし、趣味も違いますから、「職場の仲間と一緒に休憩」ということも無理ですよね。ですから、自分にとって「ちょっとでも楽しい」と思えることを「息抜き」として取り入れてあげるようにするといいのではないでしょうか。


休憩はとっても大切なのですが、「休憩しなきゃ」とか「息抜きしなきゃ」と思ってしまうと逆に息抜きにならなくなってしまいますので、「仕事とはちょっと違うことをしようかな」くらいの考えで息抜きしてみてくださいね。計算ばっかりしているのであれば、活字を読む。文字ばっかり読んでいるのであれば、計算をしてみる。これでも「息抜き」になるそうです。まあ、これじゃ仕事みたいになってしまいますので、やっぱりトイレやメールやコーヒーブレイクが一番ですね(笑)

topimg_original

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)