皆さん朝ご飯は食べますか?朝、おとしたての熱い珈琲と、トースト、カリカリに焼いたベーコンに目玉焼き。レタスと人参のサラダを添えて、ドレッシングはレモン。なんて優雅でしょう。理想です。もしくは、ほかほか炊き立てのご飯に、焼き鮭。味噌汁と、納豆。お浸しがあれば、更に栄養満点です。女性は低血圧だから、朝ご飯を食べないという人多いですよね。筆者も同じです。低血圧だから食べない、というよりは、朝起きることが出来ずに食べられない、というのが本音ですが。

食べないのでは無く、食べられないという人も居ます。朝ご飯を食べようと思っても、何だか胃が重くて食べられない。食欲がない、お腹が空かない。わかります、わかりなす。なかなか食べる気になれませんよね。決して小食じゃないのに、活動して数時間経たないと食欲がわいてこない。結局お腹が空くのは夕方で、一日一食、夜ご飯をドカ食いしている。心当たりがある人、いるのではないでしょうか?ですが、気がついているはず。その食べ方って身体に悪いし、太りやすいってこと。沢山食べられないのなら、フルーツやヨーグルトを少し食べるだけでも違います。


◆朝ご飯を食べるといいことが沢山
朝ご飯を食べると、とてもいいことが沢山あります。
例えば、女性が多く悩む便秘。毎日朝ご飯を食べることによって、胃腸が刺激されます。朝、食物を胃腸に送ることによって、排便のリズムが作られるので、体調が整えられて行くのです。消化器官を動かすことによって、体温が上昇します。身体が温められると、内蔵が動きはじめ、活動をしてくれます。

そして朝ご飯は、脳にエネルギーを補給する役割もあります。寝ているときも、脳はエネルギーを使っています。一晩眠った脳は、以外に疲れています。朝ご飯で脳にエネルギーをあげることによって、頭がはっきりしてきて、集中力が高まります。眠っている身体を目覚めさせる朝ご飯。朝型な生活で、健康美人になりましょう。


◆朝ご飯が入らない人に
朝、食欲が無いという人。寝る前の飲み食いが習慣になっていませんか。寝る前に夜食を食べると、食べたものが胃に残ったままになり、朝になってもお腹が空くどころかもたれてしまいます。それを繰り返すと、どんどん夜型になってしまいます。まずは朝ご飯を食べるために、身体を準備しましょう。


その為には、夜遅い食事はやめましょう。どうしてもお腹が空く場合は、ホットミルクやハーブティーのような、カフェインを含まない飲み物がおすすめ。いきなりお米やパンのような朝ご飯が無理なら、スープやミルク、ココアなどの飲み物から始めましょう。朝、胃に刺激を与えて、少しずつ食べる習慣を身につけるところから始めましょう。


◆こんな症状ありませんか
仕事に出勤しても、朝からだるい。お昼を過ぎてからやっと、頭がはっきりしてくる…。心当たりがあるのではないですか?朝から何も食べないと、脳に栄養が届きません。脳の栄養は、お米やパンに含まれるブドウ糖です。脳に栄養が行かないので、やる気の低下がみられます。仕事や勉強の能率が悪いので、うっかりミスに注意しなくてはなりません。朝から眠気がなかなか抜けない、集中出来ない、そんな症状があるなら体質を改善しなくては。太りやすい、便秘がちな貴方も、昼食や夕食がその日の一食目だったりしませんか。


きちんとした食事をしないと、排便のリズムが崩れます。便秘の原因のひとつに、朝食を抜いていることが関係しているかもしれません。また、まとめて食事を取ると、脂肪が蓄積されやすくなります。なかなか入って来ないエネルギーに、身体がため込もうと欲張りになってしまうからです。三度、きちんと食事を摂取するというリズムを作ることで、余分な脂肪はため込まない身体を作りましょう。


◆簡単朝食で朝身体を作る
朝時間が無くて、お弁当を作るのがいっぱいいっぱい…。朝ご飯なんて食べている場合じゃない。その気持ちは分かります。ですが、手間も時間もかからない朝ご飯もあります。例えば、バナナ。剥くだけで食べられるバナナは、栄養もカロリーも満点。剥いてさくさくと切って、ヨーグルトをかけるだけで、立派な朝ご飯です。あつあつご飯の上にハムエッグを乗せて、醤油をちょろちょろとかけても簡単で美味しいご飯。


ですが、卵を焼く時間すら無いのなら、市販の温泉卵がおすすめです。あつあつのご飯に温泉卵を割って、余裕があればカイワレを乗せます。温泉卵と一緒に付いている、温泉卵のタレをかけて、ご飯にからめて食べても美味しいです。筆者は、通勤時間が長いので、移動の電車でおにぎりを食べます。朝は時間が無いので、前日ににぎっておいて、朝はレンジで温めるだけ。ハンドタオルにくるんで持って行けば、電車の中でも温かいまま。温かいご飯は、お腹の中から身体を温めてくれるので、元気が出ます。最近はおにぎりだけではもの足りず、具なしの練り味噌汁のもとを熱いお湯で溶かして、タンブラーにいれて持って行きます。苦痛の通勤時間が、至福の通勤に早変わり。朝ご飯で元気になりましょう!!

a010_morning2[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)