寒い冬の間、分厚い洋服にくるまっていたせいか、身体も何だか脂肪がくるまってきちゃっていませんか?ヤバいと思ってダイエットしている方、お菓子を抜いて、お肉も抜いて、野菜だけ食べていたりしませんか?それじゃ、タンパク質が足りません。痩せる前に、身体が疲れてしまいます。お肉を食べるのが不安なら、せめてダイエット中は、豆腐でタンパク質を補いましょう。豆腐は、畑の肉と言われています。栄養価も高くヘルシーな豆腐は、クセの無いタンパクな味なので和風でも洋風でも大丈夫な食材。今回は、豆腐のいろいろをちょっと見てみましょう。


◆豆腐のタンパク質
豆腐にはタンパク質がある、とは言われていますが、そもそもタンパク質の栄養って何か分からなかったりしませんか。タンパク質は、細胞や組織を作るばかりではなく、酵素やホルモンの材料にもなります。細胞というのは、皮膚や内蔵、骨や筋肉や血液などのことを言います。食物からしか摂取出来ないアミノ酸を必須アミノ酸といいますが、この必須アミノ酸は、動物性のタンパク質のほうがその構成がいいと言われています。植物性のタンパク質は、必須アミノ酸が低いと言われていますが、唯一大豆は、動物性のタンパク質に近い構成をしています。畑の大豆と言われているのはその為でしょう。

ちなみに、肉類は栄養も高いけれど、コレステロールの原因になりやすいという面があります。ですが、大豆である豆腐はその逆で、コレステロールを低下させてくれるという働きがあります。大豆に含まれている成分には、レシチンというものがあります。レシチンには、脳の老化を防いでくれたり、記憶力を高めたり、ボケ防止に役立つと言われていますから、日々の摂取で物忘れなどの対策にもいいですね。


◆豆腐は生もの。冷や奴は早めに。
豆腐の大部分は水分で出来ています。特別に加工をされたもの以外は、生ものと同じ扱い。ですから、とても痛みやすいものです。冷や奴などの生で食べる場合はその日のうちに食べることをおすすめします。次の日になったら、火を通すなどして加工するのがおすすめ。豆腐を加熱したときに、中に穴がポツポツとあいてしまうことがあるでしょう。それは、加熱しすぎなのが原因。ざらざらとして、あまり美味しくありません。加熱しすぎには注意して、調理をしましょう。加熱もいいですが、鮮度がいいならやはり生のままが美味しいですよね。夏には特に、冷や奴が美味しい。

冷や奴、好きですか?冷たくてつるんとしていて、美味しいですよね。冷や奴は何で食べていますか?やはり醤油でしょうか。醤油もいいけれど、ちょっと変わった冷や奴もおすすめです。例えば、ネギのみじん切りにごま油と塩で味付けをして、冷や奴にのせます。なんと、ネギ塩奴の出来上がり。居酒屋や焼き肉屋の気分で、お酒のおつまみにもいいですよ。そして、明太子をのせても美味しい冷や奴。刻んだ紫蘇と、明太子で明太奴。こちらも、お酒がすすみますね。その他、定番なのは鰹節でしょうか。シラスや、桜エビ、おろし生姜も筆者の家では定番です。ゆず胡椒をのせてもいいですし、レモン醤油にしてみたら、いつもの醤油とちょっと違った風味になります。


◆豆腐の水切り
豆腐のほとんどは、水分で出来ているのはもうご存じですよね。その量は、木綿豆腐で87パーセント、絹ごし豆腐で90パーセントが水分で出来ています。ねっ、ほとんどが水分でしょう。その豆腐の水分をうまく扱えば、色々な豆腐料理が作れます。それには、豆腐の水切りが必要。水切りというのは、豆腐に含まれている水分を少なくする方法。まず、豆腐をキッチンペーパーや布巾に乗せ、きっちりと包みます。それをまな板の上に乗せ、その豆腐の上にさらに平らなのもを乗せます。まな板でサンドするようなイメージですね。そして、その上に、適度な重りを乗せます。筆者は本を乗せていますが、重りを重くするとしっかり水が切れるので、好みで調節して下さい。一番下のまな板の下に、割り箸などを入れておくと、傾斜が出来て水が切れやすくなるのでぜひ試してみて下さい。これがうまく出来るようになると、揚げ出し豆腐や油揚げのような、豆腐の加工品が自分でも作れてしまします。


◆豆腐で色々加工品
揚げたての油揚げや、厚揚げはとても美味しいのでおすすめです。焼き豆腐も、水切りして作られているもの。本来焼き豆腐は、水切り後に炭火で焼いたものですが、現在ではバーナーで軽く焼き目をつけるだけとか。それだけでも、煮くずれしづらくなるので、加熱加工には最適です。豆腐が身体にいいのは分かったけれど、ダイエットにはどうやって使えばいいかわからない、なんて思っていませんか。

定番なのは、ハンバーグ。豆腐ハンバーグは、挽き肉等の具材を豆腐と一緒に混ぜ合わせて形成。普通のハンバーグ同様、焼いてソースや醤油で食べるのがおすすめ。挽き肉の量を減らせれば、必然的にカロリーはダウンしますから、無理な断食はしなくても、カロリーを減らせます。


どうですか。ちょっと、豆腐でもいいかも…と思ったのなら、ぜひトライしてみてください。ただし、やりすぎは注意です。

IMG_10171[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)