ヤマザキランチパック、女にとっては、気軽なランチ、男性にとっては小腹がすいたとときのおやつ。もうすっかりお馴染みですね。 登場したのは1984年 その後、高い人気を誇り、菓子パン系、惣菜系と種類も増え、ついにつくばエクスプレス秋葉原駅の改札前と、山手線池袋北口前に「ランチパック専門店」ができました。
秋葉原はいろんな路線が乗り込んでややこしいですが、つくばエクスプレスの地下乗り場下り改札前にあります。 改札に入らなくてもOK、青い屋根が目印、迷わないです。


【ランチパック何が買える?】
いったいどんな種類があるのか、と全種類印刷しようとしたら、なんと88ページになり印刷は諦めました。 200種類あるそうです。全国版や地域版などもあって、1年間に登場する新作は50種類以上あるのだとか。これは、ご当地ランチパックや季節限定品も含まれています。旅行に行ったときは、ご当地ランチパックをしっかりチェックしましょう。

専門店では日替わりで買えます。 売れ行きによって、定番商品以外は毎年ほとんど入れ替わっています。 変わったのを見かけたら即チェック。 その場でゲットしないと、次にいつ会えるか分からないかも……。 ちなみに、ランチパック全体の販売数は年間で3億7,000万個。すごい数ですね。

【人気商品は?】
ピーナッツは今も売上トップのロングセラー。くどくない味付けにピーナッツのつぶつぶ感がたまらない。 第2位は「たまご」、第3位は「ツナマヨネーズ(オニオン入り)」 最初は菓子パン系をメインにしよう考えていたのですが評判がよく、サンドイッチの定番、卵やツナも登場、ここ5~6年、ラインナップが一気に増えました。調理技術やカット技術が向上して、いろんな具を使うことができるようになったからです。

パンは、フワフワ感を出すためと、具材の水分が染み込まない秘密の製法で作られています。 それに、空気を抱き込ませてしっかりと密封。 中身が飛び出さないように、周囲をプレス。 専用の機械で2枚のパン生地の端の部分のみ圧力を掛けて押しつけているだけだそうです。ソフトなパン生地を傷つけることがない、この圧力の絶妙なバランスンがランチパックのふわふわのおいしさの秘です。


【パンの耳はレア?】
サンドイッチを作った時に気になるのは「パンの耳」 ランチパック専門店には「パンの耳」で作った「ちょいバクラスク」も売られています。 ミルク味、チョコ味、ガーリック、ハバネロなど意外に種類あります。 ショップで試しに買っててみたいですね。 ランチパック本体は、今のところ、耳はすべて製造課程でカットされています。 耳が少しでもついているものは最後の工程ではじかれているのですが、これは職員の「目視」でチェックしているのです。 この選別作業はなかなかキツく、一日中やると目がチカチカしてしまいます。 年間四億個も製造しているのに、耳付きはほとんどみることはありません。
「レア」として探そうようとしているファンも多いのですが、なかなか見つけられないと思います。 職員の頑張りに脱帽。 耳付きのランチパックが食べたいという人もいるのですが、今のところ製品化されることはないとのこと。


【レアランチパックにはどんなものがあるの?】
基本的な種類は今27種類あります。 これでも、みんな食べたことがある方は少ないのでは? さらに地域限定品、季節限定品もあるのですがどんなものでしょうか。 新潟県限定の「たれかつ」大阪府限定の「オムシチュー」、宮崎「マンゴークリーム&ホイップ」島根「出雲ぜんざい風」京都「抹茶板チョコ&宇治抹茶クリーム」、青森の「十和田バラ焼き風」など、地元の名品を取り入れた、ご当地パック。2014年の売れすじ№1は、松坂牛肉コロッケ、鹿児島産黒豚メンチカツ、神戸ワイン入りデミグラスソースハンバーグでした。 今年のヒットは何でしょうか 旅行に行ったらチェックしましょう。 


【ほかにはどんなバリエーションがあるの】
パッケージをみてみましょう。 タニタ食堂とコラボした「おからの豆サラダと夏野菜カレー」や「パンプキンサラダと鶏肉のトマト煮込み」があります。1袋あたりのカロリーも表示してあるのがポイント。 食品メーカーとのコラボは好評で売上がありおいしかったものは、再販売されることも。 お気に入りは、せっせとお店に通ってアピールしてみましょうか。 ランチパックの味を考えているのは、 全国発売のものは本社のマーケティング部の職員5~6名くらいで考えて、エリア別では、工事ごとの担当者が考えているそうです。 お気に入りは、アピールして販売継続してもらいましょう。


【ランチパックのオリジナルグッズは?】
ストラップや手ぬぐい、ノートなどがでています。 イベントや会員制モバイルサイト「ランチパックCLUB」で数量限定で作られているそうです。

ランチパックがこんなに深いとは…。 おいしそうなものがたくさんありましたが、スーパーで置かれているのは多くて5種類くらい。 もっといろんな味試してみたですね ショップにはサンドイッチと合わせたいドリンクも売られています。 賞味期限が、買った次の日までなので買いだめができないのが残念。 毎週、限定品買いに通いたい、かも。

IMG_2594(2)[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)