「片付けられない女子」は意外と存在するもの。お片づけや得意な人と、苦手な人は何が違うのでしょうか?実は片付けられない女子には共通する特徴があるのです。今回はその特徴を見ていきながらお片づけの意識が変わるきっかけにしてもらえたらと思います。


【捨てるのがもったいないと思ってしまう】
お片づけが苦手な方でよく聞く言葉が「もったいない」です。もったいないからモノが捨てられないと言います。モノには必ず作った方がいます。作った方はモノを作りながらこんな時に使って欲しいという想いを込めて作っていることでしょう。モノにも“使って欲しい”という気持ちがあるのです。本当にもったいないことはどういうことなのか?それはモノを捨てるということではなく、モノを使ってあげないことです。使い切っていないから手放したくない!ということにも繋がります。まずは、モノを使ってあげてください。


【口癖・言い訳をする】
こちらもお片づけが苦手な方あるあるなのですが、「私は散らかった部屋にいてもどこに何があるか分かる」や「散らかった部屋の方が何だか落ち着く」などと言います。でも観察して見てみると案外探し物をしています。もはや日常的すぎて探し物をしていることすら忘れてしまっている生活習慣です。私も出来ない女子だったのでこの気持ちはよく分かるのですが、実際にお片づけをしてスッキリとキレイになれば何か感じるものがあります。持続されれば内面的にも効果があるでしょう。そして何よりも散らかっている部屋より断然使いやすい部屋になっているはずです。キレイな部屋でどんな暮らしがしたいか?どんな部屋に住みたいか?をイメージしてみてください。


【お片づけ以外でもルーズな傾向】
お片づけが苦手な方はすぐにモノを元に戻すことが苦手です。あるべきところに収納がされていないというのも原因の一つなのですが、物事を「後回し」にしてしまう傾向があります。例えばお片づけが得意な方は旅行から帰ってきてすぐバッグの中を片付ますが、苦手な方は疲れているから後でやろうと思ってしまいます。後回しにすれば段々面倒くさくなる一方です。この後回しはお片づけ以外でも行われている可能性が高く公共料金の支払いが遅れたり、洗濯物が溜まったり、ゴミ出しを忘れたり、時間が守れなかったりと様々な面でルーズになっていく傾向があります。疲れていても座る前に動いた方が楽!と考え行動しましょう。これを機に「後回し」人生を卒業してみませんか?


【いつか使うかもしれない】
いつか使うかもしれないからモノが手放せない方も非常に多いです。いつか使うかもしれないとずっと持っていてもその出番はやってくるでしょうか?ほぼやってこないでしょう。しかし、そう思って捨てたモノがごくまれに必要になることがあります。苦手な方はその瞬間をすごく恐れていてそれを理由にモノを取っておいたりします。ですが、使っていない多くのモノは出番のないモノ達ばかりです。著者は捨てたモノが後で必要なモノだったとしても買えばいいだけ!と切り替えています。使っていないモノを沢山持っていてそれらを捨ててしまうことを考えたら安いものですよね。


【片付けに気合いを入れて取り組む】
お片づけが苦手な方は、そもそも持っているモノが多いので長期戦を覚悟しています。要する時間は1時間以上でしょう。これでは気合いを入れる必要がありますよね。お片づけが得意な方は日々の生活の中でモノの整理が出来ていますから気合いを入れる必要がないという訳です。お片づけ→長期戦→面倒くさい→嫌いに繋がっていくのです。やっぱりモノが多くなる前に整理をした方が余計なエネルギーをかけなくてすみますね。


お片づけは気持ちと繋がっていて、考え方か変わることで急にモノへの執着がなくなって整理ができるようになったりします。気づきがとても大事なのです。お片づけの手順だけを教えてもらってもやる気がおこらない、継続できないのはこの気づきがないからかもしれません。意識が変わるきっかけになりましたでしょうか。

af9940082533w

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)