自分に自信がない人は多くいます。自信過剰なのも問題はありますが、「どうせ私なんて・・・」といった否定的な意見ばかりを持っている人も寂しいですよね。忘れてはいけません。「アナタは、十分魅力的」だということを。人それぞれ違います。個性を大切にして、今のアナタをもっともっと輝かせていってくださいね。


◆なぜ自分に自信が持てないのか?
人はなぜ自分に自信が持てないのかというと、以下の理由が挙げられます。

①小さな成功体験がない
初めてのことや不慣れなことなどに対しては、誰しもが不安を感じるものですよね。経験不足などによる自信のなさは、小さな成功体験を積み重ねていくことによって、自信へとつながっていくことでしょう。大きな舞台に臨む必要はありません。失敗しても損失の少ない場面での成功体験を積み重ねていくようにしましょう。

②褒められることが少なかった。
意外なことですが、優秀さゆえに褒められることが少なかった人も、自分に自信が持てません。周囲から「出来て当たり前」のように認識されてしまって、褒められることが少なかったために、自信につなげることができなくなってしまったのです。

③トラウマ
過去のトラウマによっても自信はなくなっていきます。他人とのコミュニケーション能力が培われずに、自分の中から「自信」をなくしてしまったケースです。


◆自信とは?
「自信」とは字のごとく「自らを信じること」です。他社評価なんて気にする必要なんてありません。自分がどれだけ自分を評価してあげられるかが大切だということに気づいてほしいと思います。


◆自分の殻をやぶるには?
では、自分の殻をどうやって破ったらいいか?を考えてみましょう。

・一番大切なことは何か?を考えること
不安定な状態にあるときは、今自分によって何が一番大切なのか?を考えましょう。何を大切に思うかはアナタの自由です。全ての決定は、アナタ自身が決めればいい。「アナタ」のものなんですからね。

・時間を作る
仕事やいろんなことで忙しいというときもあります。自分の殻を破りたいと思うのであれば、新しいあなたになるための時間を作るようにしましょう。新たなスキルを習得するのもよし、趣味に時間を費やすのもよし。とにかく、自分のために時間を作ってあげるということです。

・自分を信じて受け入れてあげる
「私はこれだけの存在しかない」「低レベルだから、これ以上はいけない」・・・そんな風に自分に対して制限をかけてしまったら、どんどん自分の可能性をつぶしてしまうことになるでしょう。自分を成長させたいと思うのであれば、そのマイナスな考えは邪魔なものになります。自分で自分を制限をしているとき、アナタのなかのもう一人のアナタは、「勝手に決めつけないで」って声をあげているかもしれません。

最低限守らなければいけないルールは死守し、別に思いきっても許される部分は、思い切ってみてもいいのではないでしょうか。自分のことを自分で信じて、自分を肯定しそれを受けいれてあげること。これはとても重要なことになります。

・たくさんの人と交流する
どれだけ忙しくても、たった数分でも時間は摂れるものです。そんなときは、誰かと交流してみてください。家族ではなく、「他の誰か」とです。たくさんの人と会話をして、新しいステージに立つチャンスを手に入れましょう。新しい人との出会いや一流の人とのお付き合いは、あなたを次のステージに導いてくれるもの。恥ずかしがることはありません。勇気をもって、一歩外の世界を見てみてくださいね。


◆さいごに
自分に自信を持つこと。そして自分の殻をやぶろうとすることおは、新しいあなたになろうとしているということです。できればいつまでに・・・といった期間を設けておくと、だらだらしなくてすみますし、逃げる気持ちもなくなります。「せめて半年は頑張ってみよう」と思ってみたら、半年間頑張ればいいのです。半年なんてあっという間ですよね。人生長いんですから、今の人生を・今生きている時間を大切にしてほしいと思います。

いつまでもうじうじ考えていても、時間は止まってくれません。とはいっても、無理は禁物です。無理をしても自分をダメにしていくだけになります。辛いときなどに無理をするのは、健康にもよくありませんよ。健康第一じゃないと、意識改革もできないものです。健康にしていれば、再び楽しいことを始めることができるようになります。じっとしているときは「充電期間」だと思いましょう。

b655899851a61a1546f8129bf5866ad0

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)