新年度が始まりますね。進学や仕事のため、ひとり暮らしを始める人も多いでしょう。はじめてのひとり暮らしする方は、どんなインテリアにしようか…友達呼びたいな、などワクワクしますよね。部屋を選ぶときにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

住み始めて「こんなはずでは…」とガックリしないよう、選び方を考えてみましょう。


【住む路線や駅を決める】
まずこれを決めないと話進みませんよね。会社や学校のある沿線に住むのが楽なので、こから考えていきましょう。急行停車駅は便利ですが家賃も高い。あなたの通うところの最寄り駅をA駅、急行停車駅をB駅とします。狙いはB駅の一つ手前の駅。すぐ急行に乗り換えられて便利で、ぐっと家賃が安くなります。


【敷金礼金って?】
退去するときに大もめするのがこれ。敷金とは、部屋を汚したり、家賃を滞納した場合の担保として、あらかじめ大家さんに「預けておく」もの。部屋に人が住むと少なからず傷みが発生します。入居者は、この傷や汚れを修繕して、入居時の状態戻した上で貸主に返す義務があります。

(原状回復義務) 
修繕費として、敷金を使います。どこまでが原状回復義務に相当するかのトラブルが多いので気をつけてください。退去時に原則としてよほどひどいことをしない限り、全額返金されます。下見のとき大家さん、不動産立ち会いで写真をとっておくのがオススメ。礼金は、大家さんへのお礼のお金でこちらは戻ってくるお金ではありません。
最近よく見る「敷金礼金0」という物件は得でしょうか。0になっている理由は、入居者を早めに獲得したいという、貸主の都合というのが一番多いです。何か問題があるわけではありません。
注意するべきことは、

・決められた年月より早く出ようとすると違約金をとられる
・敷金・礼金0の物件は相場より1,000円~2,000円高い。-長く住むと敷金礼金2ヶ月と変わらない出費になる
・家賃を1日でも滞納すると督促がある
・敷金・礼金ゼロでも初期費用がかかる。-鍵交換前家賃+日割りα
・火災保険
・消毒代
・家賃保証
・仲介手数料0.5~1ヶ月分

などで10万超えることもあります。
退去時のハウスクリーニング代が3万~4万円かかります。自分の生活をしっかり考えて決めましょう


【不動産屋を探す方法】
有名どころが安心な気がしますが、「広く浅く」になります。これは、相場を確認するときに役にたつのでまず登録はしておきましょう。駅前にある個人の不動産屋はどうでしょうか。地域に密着しているのできめ細かい対応をしてくれます。どちらかというとこちらの方がオススメです。
よく「東京都知事(2)第12345号」という番号が物件情報に掲載されていますね。この(1)、(2)…というのが不動産会社の免許更新歴です。五年ごとに更新されますので、(1)だと営業を開始して5年未満の不動産会社、(3)なら営業開10~15年ということ。息の長い信用できることが多いです。では、部屋探しにチェックすべきことを見ていきましょう。


【住んでびっくり、生活環境】

①何階にすみますか?
二階、四階、最上階はチェック。そのわけは二階の場合、部屋の真ん前がちょうど「街灯」があることも。遮光カーテンでガードしないと眠れません。しかも、街灯には虫が集まってきます。部屋に紛れ込む虫も多く、虫が嫌いな方にとっては恐怖ですね。四階の場合は「電柱」に注意しましょう。見た目が良くないばかりではなく、電磁波も心配です。最上階-見晴らしいいし、防犯のためにもいいかな。と思ってみたら…コンクリートの屋根は、日が当たると猛烈に暑いのです。窓を閉めると室温が45℃超えることも。屋上の材質も確認しましょう。

②窓の方位に注意
安かったので東北に窓がある部屋を借りました。やはり寒いそうです。冬の夜にトイレにいくのが嫌になるくらい寒い。


【こんな場所は避けましょう】

・ベランダ前が道路は避けた方がよい。生活音や車がうるさいです
・コンビニが近すぎる。便利だしいいんじゃない?と思わないで…。一日中明るいので落ち着きません。一番は、コンビニにたむろしている人たちも多い、治安上あまり良くないので避けた方が無難。

・総合病院、警察、消防署が徒歩1分くらい、とても近いというところは避けましょう。
「安心かも」と思ってしまいますが、ひんぱんに「緊急車両が通る」ということを忘れずに。明るいライト、サイレンは性質上真夜中にも出動。これは、さすがに目が覚めてしまいます。病院が近いから安心か…というとそうでもないんです。救急車、タクシーを呼ぶのは気がひけるけど、ベッドとトイレ間往復するのもやっと…どうやって病院にたどり着けるのか。意外に盲点です。

・一階に料理店がある。
これも便利そうですが、ゴキブリが出やすいという恐ろしいところです。


【部屋の中は快適?】
一日中いないとわからないこと。うるさくないか、水回りはきれいか。隣とはキッチンや水回りが接していた方が吉。壁はそこらじゅう叩いてコンコン軽い音は、壁が薄い証拠。隣の生活音が気になります。


いかがでしょうか、
条件が全部揃っている物件はそうありません。最優先するのは何か考えて、素敵な部屋を見つけて楽しい生活ができるといいですね。

lgf01a201307020900[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)