最近、少しずつ暖かくなってきて朝起きるのが楽になってきました。

ですが、日中は温かいのに夜、家路に着くまでの帰りの時間はまだ寒いですよね。実際に春らしい暖かさになるのは4月上旬からだそうです。そんな、寒さに負けてしまい最近は居酒屋に足が向いてしまう方は、まだまだ多いのではないでしょうか。

男性サラリーマンが新橋の居酒屋などで飲んでいる姿をよく目にします。しかし、最近では、おひとり女子が多い事をご存知でしょうか?居酒屋などでも一人用のメニューが増えているのも後押しになっているのも確かです。その背景として、日本は男女ともにシングル化が急激に進んでいる現状があります。もはや結婚せずに1人で生きていくのがごく当たり前と考えられる世の中になって来ています。

その中でも仕事やプライベートに充実を感じる女性は年々増えてきているのです。ライフイベントに「結婚」を必要とせず、自らの意志で1人暮らしを選択している人も多くなってきました。
前向きに1人の人生を歩んでいく姿は、新しい女性としての生き方を提案してくれます。その一方、シングルで生きていくには、様々な不安を抱えているというのも事実です。特に将来への経済的不安は多くの人が潜在的に感じている問題ではないでしょうか。それでは、独身で居る女性のメリットとデメリットを考えてみましょう。

〜独身で居るメリット〜

♦自由な時間を使う事が出来ます。
誰に気兼ねする事無く、自分自身で時間のスケジュールを立てる事が出来ます。食事も自分1人の場合は有り合わせの食材で済ませる事も出来ます。

♦自由な恋愛が出来ます。
自分が思い描く恋愛スタイルを追求する事が出来ます。結婚にとらわれないお互いに自由な恋愛を選択できるのです。しかし、恋愛のモラルは守らないといけません。

♦仕事を生きがいに出来ます。
仕事の妨げになるのが結婚と言われます。家事と仕事の両立は中々難しいようです。しかし、時間などに制約のない独身女性は納得のいくまで仕事を追及する事が出来るのです。

♦自由に遊びに行けます。
自分の給料内であればお金を使うのも自由です。旅行やショッピングを楽しむ事も出来ます。趣味の時間に費やしても誰に文句も言われません。


こう見ていきますと、独身のメリットは「自由でいられる」事のようです。「独身貴族」と言葉があるように安定した仕事を持ち経済的にゆとりのある女性であれば独身の方がメリットは多いような気がしますが。しかし、もちろんデメリットも解っておかなければなりません。次に独身女性におけるデメリットを考えていきましょう。


〜独身で居るデメリット〜

♦世間体が気になる。
30代の半ばを過ぎた辺りから途端に「結婚はしたの?まだ結婚しないの?」といった噂をされたり、「独身生活は気ままでいいですよね」なんて皮肉を言われたりします。自分自身が独身であることに引け目を感じたりするのも多くなります。

♦寂しさを1人で乗り切らないといけない。
夜、誰も居ない暗い部屋に帰った時などに無性に寂しくなる時があります。仕事でミスをして落ち込んでいる時などには、特に寂しさを感じると思います。孤独に耐えられるだけの精神力が必要です。

♦病気の不安
体調を壊し一人で寝ていると、かなり不安になります。『誰も側に居ない』『熱があって冷蔵庫が空っぽ』など、独身で一人暮らしの方は解るのではないでしょうか。もうこれ以上ないぐらい不安を感じます。この不安は年齢が上がるにつれてもっと感じるようになってきます。

♦老後の不安
齢を重ねて、老人になってもちゃんと暮らしていけるのだろうか?と不安になります。これも年齢が経つに連れて、日々感じるようになってきますね。年齢を重ねても健康であり仕事も安定し経済力もあればいいですが、そうでなければますます孤独感を深める要因になってきます。

♦親の介護
今後、自分の両親が年老いた際に頼れるのは自分です。両親が元気でずっと居てくれるとは限りません。介護をしながら仕事を両立しなければいけない場合も訪れるかも知れないのです。経済的にも大変な状況に不安と心細さを感じると思います。これがシングル介護の現実です。

♦経済力の問題
独身で居ると、普段よりお金の使い方が雑になりがちです。どんどんお金を使ってしまい、気付いた時には貯金が無かったとの話も聞きます。 全てのリスクは自分で背負わなくてはいけません。気づいてみたら貯金が無いと慌てても誰にも頼れないのです。

♦子供との生活が難しい。
子供が欲しくても、1人で子育てと仕事の両立は簡単ではありません。シングルマザーになって子育てを行うとしても、かなりの負担となります。 必然的に子供を諦めざる負えなくなるのです。


こう見ていきますと、独身のデメリットは「常に不安と寂しさ」がついてくるというところです。病気、事故、ケガをしたときなど親兄弟以外に助けてくれる人はいません。老後になると更にリスクは高まるのです。

ただ残念ながらいつまでも若いままではいられません。

自分の10年後、20年後、30年後も今のままの生活がずっと続くかのような錯覚をしていませんか? 誰もが平等に年を重ねていくのです、確実に、そして若さや美貌も徐々に劣化して衰えていくのです。そうなったときそれでもシングルで私は幸せと言い切れる自信ありますか?

住まい、病気、介護などこれから起こりうる心配の種を少しでも払拭するよう、お金にまつわる知識やノウハウは少なからず身につけていかなければいけない事でしょう。しかし、その前にやれる事があるのではないでしょうか。

おひとり女子で終わって良いのですか・・・・。

今からでもまだ間に合います。おひとり女子はもちろん良いと思います。ですが、沢山の出会いを実感してみてはいかがですか。自宅に気のおけない友人などを集めて、この時期、鍋を囲んでみてはいかがでしょうか?一つの鍋を囲んでいろいろな話をする事により、恋の予感を感じるかも知れません。

そんな、恋を後押しする商品。博多にお店を掲げる【居酒屋『つぼいち』博多もつ鍋セット】をご紹介します。ぷりぷりふわふわの国産ホルモンを醤油ベースであっさり仕上げた鍋セットです。モツ鍋の本場、地元九州福岡博多にこだわった本場の味を堪能してください。鍋は、お互いの心を開かせる不思議な料理です。料理が繋ぐ恋も有ってもいいのではないでしょうか。
【居酒屋『つぼいち』博多もつ鍋セット】http://goo.gl/aYXHrU

resize

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)