人にとって人間関係は一生続くものになります。そんなものだからこそ、よりよく人間関係を円滑に進めていくためにも、、「アサーション」を覚えていくようにするといいでしょう。


◆アサーションとは?
アサーションとは「自分と相手を大切にする表現技法」のことを言います。アサーションの大切さが近年叫ばれるようになってきています。


◆なぜよりよい人間関係にアサーションが必要なのか?
コミュニケーションには以下の3つのパターンが存在しています。

①ノンアサーティブ
自己主張が苦手なので、自分の思いをうまく主張する事ができないタイプの人です。

②アグレッシブ
自己主張が強すぎて、相手の考えを無視し一方的に自分の考え方を押し通す人のことを言います。

③アサーティブ
相手の気持ちを尊重しつつ、自分の気持ちを素直に表現するタイプの人のことです。

上記のコミュニケーション理論をまず覚えておきましょう。これをもとにしてアサーティブに意見を交わしていくことで、良好な人間関係を築くことができるようになります。


【例】
A君がある日遅刻しました。アグレッシブタイプの上司の場合は

「何をやってるんだ!!」

と主張します。こういったことをされると、言われたA君は「はあ?」といつまでも根に持ってしまいますよね。では、自分の思いを主張しないノンアサーティブな上司の場合どうなるかと言いますと、

「はあ・・・」

とため息だけついて、そのままどっか行ってしまうでしょう。A君は、一日中落ち込んでしまいますよね。じゃあ、アサーティブな上司だったら?

「心配したんだぞ。とにかく無事でよかった。事故にでもあったのかと心配したからな。でも、次からは遅刻しないように注意するんだぞ」

と、相手の気持ちを配慮しつつ、自分の主張をきちんと伝えることができるでしょう。こういう言い方をされれば、遅刻したA君だって素直に受け止めることができますよね。


◆アサーションを実現するために
アサーションを実現するには、自他肯定が重要になります。これが簡単にできたら楽なんでしょうが、そうそう最初からできるものでもありませんね。ある状況を肯定的に認識する人もいれば、否定的に認識する人もいますから。認識の仕方が現実的で柔軟だった場合、どんな出来事であっても他人とコミュニケーションを円滑で良好にとることができるのですが、そうじゃないと、円滑なコミュニケーションは無理です。仕事をしていくなかで大事なのは、頭の良さではなくライフスキルが大切と考えられますので、このアサーティブなモノの見方をするようにするといいのではないでしょうか。


◆アサーティブでないケース
ある日、仕事でミスをしました。そのことに関して上司が怒りました。上司の怒り方などが気に入らなくて、ミスしたことは申し訳ないと思いつつ、どうしてもやる気が起きません。ミスした自分が悪いので、反省すべきなんでしょうが、どうもすっきりしない。。。
こういった場合は、ミスはミスですし、上司の怒り方というのは上司個人の問題ですから、気にしないように自分の責任でミスをきちんと処理するようにしてください。これで仕事のミスも上司との関係も解決します。


自分の責任はどこまでなのか?
上司の不機嫌を気にしない人もいれば、気になる人もいますよね。同じ状況に置かれているのに、なぜ気にしない人と気にならない人がいるのでしょうか?個性と言えば個性ですし、性格と言えば性格です。もっと詳細に説明すると、人間の感情が、事象や出来事そのものによって決められるのではなく、個人それぞれが身につけた特有の「ものの見方」や「考え方」によって決まってくるからなんですよ。

自分が感じることは自分自身のものです。
相手の感じていることは、相手自身のものです。人間と人間との間には、明確な境界があるということですね。この「境界」の存在を理解しておかないと、自分の感情と相手の感情が入り乱れることになり、自分の感情を相手の感情だと錯覚してしまいます。境界が認識できないと、怒っている上司を見て気になって仕方なくなるのです。
確かに、ミスしたのは自分の失敗です。
ミスに対する責任は果たすことが人としても大切なこととなるでしょう。ですが、怒っている上司の感情というのは、上司の個人的な感情ですから、そこまでの責任は負えませんよね。相手が言葉で何かを言って来ればそれに対する返答ができますが、言葉のないメッセージだった場合、答えようがないわけですよ。明らかに怒っているのであれば、「すいません」と言えますが、ただ態度で怒っているのであれば、謝ることができません。こういった場合も、気にする必要がないわけです。

img_6299[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)