〔すべての女性が30歳までに知っておきたい30のリスト〕という伝説のリストをご存知ですか? 1997年に米国最大の出版社が発行するファッション雑誌「GLAMOUR」に掲載されるやいなやすぐにE-Mailで全世界を駆け巡った伝説の格言集です。その発信源はヒラリー・クリストンやマヤ・アンジェロウとも噂されるほどでした。
しかし、この記事を実際に書いたのはGLAMOURのコラムニストだったパメラ・レッドモンド・サトラン。この記事を書いたとき彼女は30歳の誕生日をとうに過ぎていましたが、自分の人生を思い返したときに30歳という地点が大きなターニングポイントであることに気づきました。30歳が人生の頂点でそこから先は下り坂ではない。30歳というのは光り輝く人生のまっすぐなラインの上のひとつに過ぎない。
世界中でシェアされ、虐待を受けた女性へ届けられ、キルトの作品にもなったこのリストについて、彼女はこう言っています。「女性たちがセックスや男性の戯言をこえて、学びを得ながら将来に役立つ本物の知恵を求めていたことがわかった」リストは30歳までに持っておきたいもの・知っておきたいことの各15個ずつで計30のリストになっています。


《30歳までに持っておきたいもの》

1)「元鞘に戻りたいと思える彼」と「自分の成長が分かる昔の彼」
2)実家からのお下がりではない、逸品の家具
憧れの職場の雇い主や理想の男性に突然会うことになっても、1 時間以内でいつでも会いに行ける服
ちゃんとした財布、スーツケース、傘
この先さらに成長するために、心残りのない20 代
とても味わい深い話になる過去
人は必ず老いていくという自覚と、これからの人生のための蓄え
自分だけがアクセスできるメールアドレス、留守電機能、銀行口座
余計な水増しが一切ない履歴書
10いつでも一緒に泣いたり笑ったりできる友達
11ドライバー・セット、コードレスの電動ドリル、そして黒レースのブラ 
12自分にふさわしい素敵なご褒美 
13「自分ならできる」という信念  
14スキンケアの方法、エクササイズの習慣、30代に入ってから衰える身体の扱い方
15満足できるキャリア、満足できる恋愛関係、その他すべての大切なことに関する確実なスタート


《30歳までに知っておきたいこと》
自分を見失わずに恋をする方法
子どもを持つことについての自分の気持ち
仕事を辞める時、彼と別れる時、友情を壊さずに相手と向き合う時に取るべき態度
「頑張り時」と「引き際」について
どういう関係になりたいのか、意図がきちんと伝わるキスの仕方
重要人物などの名前 
望まなかったとしても、1人暮らしをする方法
心を落ち着かせたい時に行く場所は、親友の家のキッチンかヨガマットの上にすること 
足の長さ、腰の幅、親の性格などは変えられないこと 
10子ども時代が完璧ではなくても、すでにそれは過去であること 
11キャリアや恋愛のために「すべきこと」と「すべきではないこと」
12過度の喫煙、飲酒、ドラッグ、そして歯のケアを怠けると、必ずとばっちりを受けること 
13信頼できる人の見分け方、物事を個人的に受け止めて気に病むべきでない理由
14自分の過失でないことについては謝らないこと
15「人生は30 歳から始まる」と言われている理由


日本でも『すべての女性が30歳までに知っておきたい30のこと』として2012年にCCCメディアハウスから書籍化されました。書籍版ではリストだけでなく、〔私にとって30歳とは〕というテーマでテイラー・スウィフトや新進気鋭のファッションデザイナー、リチャード・ロイ、アメリカにおいて最も権威があるニュースキャスターの一人ケイティ・クーリックなど各界の多くの女性著名人がコラムを寄稿しています。そしてこのリストの著者として噂されたマヤ・アンジェロウも特別リストを寄稿しています!


《30歳までに知っておきたい30のこと@30Things_jp》
日本版で書籍化されるにあたり、開設されたTwitterにはリストの言葉の数々が投稿されています。その一部がこちらです。


「人生は30歳から始まる」と言われている理由:
20代はまるでラットレースのように自分と周りとを比較します。仕事や恋愛、結婚、ダイエットなど、他人をしょっちゅう肩越しに見て競争しているのです。しかし30歳はこの比較競争をやめる年齢です。


「頑張り時」と「引き際」について:
恋愛は女性自身が立ち止り、引き際を知るべき領域の1つです。男性の方がこういったことは得意です。居心地悪く感じると、さっさと立ち去って後ろを振り返ったりしません。


自分だけがアクセスできるメールアドレス、留守電機能、銀行口座:
今まで受けた中で最高のアドバイスは祖母からのものでした。「女性はいつも何か自分だけの物を持っておくべきよ。それが単なる花瓶であってもね」この他にも女性に勇気をくれるものや、クスッと笑えるものまで多く投稿されています。@30Things_jp是非チェックしてみてください♪


《さいごに》
20代は自分がなにものであるか、なにものになりたいかを模索する時代。そして30代はそれを実行し、自分自身として生きていく時代だとパメラ・レッドモンド・サトランは著書のなかで言っています。友人が先に昇進したら? 美しかったら? 先に結婚したら? そのときは彼女たちに盛大な拍手を送りましょう。それは彼女の人生。自分は自分の人生を最高にするために歩めばいいのです。仕事・恋愛・日々の生き方、世界中の女性を目覚めさせて支えとなったこのリストが、これから30歳を迎える女性、そして30歳を回顧する女性にとって、人生をよりよくしてくれる1つのスパイスになることは間違いないでしょう。

494540677

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)