女性ならほとんどの方が持っている「化粧品」。家の中に全く使っていない化粧品がある、一度使ったけどずっと放置したまま、沢山ありすぎるからつい探し物をしてしまう、そんな経験がある方はいませんか?また「この化粧品いつのだっけ?」と使うのも恐ろしい化粧品も眠っていませんか?実は化粧品には「消費期限」があります!この期限を知っているかいないかであなたのお肌環境は大きく変わっていきますよ。今回は化粧品の消費期限を知ることで美肌も保てるお片づけをご紹介しましょう。


【一般的な化粧品の消費期限】
一般的な化粧品の消費期限は未開封の場合、「3年」と言われています。開封をしたらもっと早くなり「6か月」が使用期限になりますのでその間に使いきることをおすすめします。現在3年以上も未開封の化粧品があれば迷いなく捨ててしまいましょう。


【ボディ用として使ってみる】
もしも、開封から1年経ってしまった化粧水や乳液は、ボディクリームとして再利用をしてみるともよいでしょう。
もったいなくてなかなか捨てられない!という方は別の使い道で消費できるこの方法がおすすめです。使用する際は念のためパッチテストしてくださいね。保湿もできますし、一石二鳥ですね。


【お肌のトラブルも!?】
化粧品は食品と同様、空気が入ることで「酸化」してしまいます。酸化すると、いろんな細菌が繁殖するといわれています。また、手で触れることで菌が容器に入り、どんどん化粧品の中は菌が繁殖していきます。毎日沢山の菌が繁殖した化粧品を顔に塗りたくっていると考えると恐ろしいですよね。
その菌をお肌につけていれば、かゆみやニキビ、かぶれの原因になったりと良いことは一つもありません。せっかく高級な化粧品を使っていても意味がありません。美肌を保つには、「消費期限を守って」化粧品を使いましょう!


【特に気をつけたい化粧品アイテム】

◆マスカラ、アイライナー:3ヶ月
目の周りで使用するマスカラ、アイライナー。マスカラはまつ毛につけたらまた容器に戻しての繰り返しです。以前マスカラを販売しているメーカーさんに聞いたのですが、まつ毛にはほこりや菌が付着しているので、特にマスカラの中はバクテリア菌が繁殖しやすい環境になるそうです。これにより感染症や結膜炎を起こす可能性もあります。リキッドアイライナーも同様に3か月を目安に使いきりましょう。

 

◆リップクリーム、口紅、グロス:6ケ月
口につけるものも気をつけたいアイテムです。食事をしてリップや口紅を塗るの繰り返しですよね。菌が繁殖しやすいですし、繁殖したものを口に入れることになります。購入時期が思い出せないモノは半年以上経っている危険性大ですよ。

◆化粧水、乳液、クレンジング、洗顔:6ヶ月
直接お肌につけるものなのでダイレクトにお肌にも影響を与えます。量が多いものは半年で使いきれない可能性がありますので自分の化粧頻度を考えて購入なさってください。

◆ファンデーション:6か月
毎日同じファンデーションを使っていれば半年では使いきれるでしょう。重要なのは使っている「パフ」です。お化粧直しをして皮脂や菌が付着したものを何か月もそのまま使っていればファンデーションは半年で使い切っても意味がありません。パフは定期的に洗うか、取り替えるようにしましょう。


【保管方法のすすめ】
やはり安全で分かりやすいのは、化粧品を購入して開封したら本体に「日付」を記載することです。私たちは日頃食べ物の賞味期限は気をつけますが、化粧品の消費期限は案外無頓着だったりします。化粧品も口に入れるものと同じと考えて期限内で使用するように気をつけましょう。


【使い切ってから開封を】
「1つ使い切ったら1つ開封」を心掛けましょう。思ったより化粧品は消費期限が早いです。同じアイテムを併用すれば使いきることが難しくなります。また自分が1つのアイテムをどれくらいで使いきるか知ることができますし、期限内で使用ができるのでおすすめです。そして、必要以上に持ちすぎることもなくなるためモノが沢山ありすぎて探し物をするということも防止できますよ。朝の忙しい時間の支度もスムーズになるはずです。


いかがでしたか?消費期限を知らなかったから今まで手放せなかったという方も多いはずです。これなら使っていない化粧品の手放すタイミングが分かりますね。また、これまで高級すぎてもったいなくて宝の持ち腐れだった化粧品も期限切れで捨ててしまう前に使おう!という気持ちになるでしょう。この消費期限内に化粧品を使いきるだけでもあなたのお肌年齢も若くなるかもしれませんよ。

PAK86_okesyouhin500-thumb-750x500-3495[1]


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)