クローゼット内や押入れの隙間に「紙袋」がどっさり挟まっているという方はいませんか?紙袋はいつか使うかもしれないと保管してしまっているとどんどん溜まっていきます。特に女性は、ブランドの紙袋はなかなか捨てられないでしょう。気が付いたら紙袋コレクターとして収納空間を占領することになり本当に入れたい他のモノが入らないことになってしまいます。今回はブランドの紙袋も整理できる方法をご紹介します。


【持つ量を決める】
一番重要なのが「紙袋」の持つ量を自分で決めることです。紙袋には大・中・小とサイズがありますね。まず、自分でどれくらいあれば十分足りるかを考えてみてください。例えば小さい紙袋は友達にプレゼントをする時によく使うから10枚、中くらいの紙袋はたまに出番があるくらいだから5枚、大きな紙袋はほとんど出番がいないから3枚、というふうに誰かに決めてもらうのではなく自分で持つ量を決めましょう。整理をする際は、自分で持つ量を決め最もお気に入りの紙袋をチョイスしてその他は処分しましょう。この時点でかなりスッキリするはずです。


【ショッピングバッグとして使う】
最もお気に入りの紙袋をチョイスしたものの、やっぱりブランドの紙袋はすぐに捨てられないという方は普段のショッピングバッグとしてどんどん活用していきましょう!使えば袋はクタクタになりますから捨てられないブランドの紙袋も気持ちよく捨てることができます。


【収納はケースや大きな袋を賢く使う】
自分で紙袋の持つ量を決めました。次は取り出しやすくするための収納をしましょう。気を付けることは収納空間の隙間に挟みこまないということ。これをやり始めるとせっかく自分で持つ量を決めたルールは崩れだします。

◆既存の紙袋を使用する
大の紙袋が入るさらに大きな紙袋があれば、その中に大・中・小の袋をまとめて収納しておきます。大の袋はそのまま入れ、中の袋は大の袋に入れてまとめ、小の袋は中の袋に入れてそれぞれまとめておくとごちゃごちゃにならず使いやすくなります。見た目もスッキリしますよ。

◆ファイルケースを使用する
100円均一等に売っているファイルケースを使用して保管することもできます。紙袋も立てて収納ができるので取り出しやすいです。ファイルケースに大・中・小とラベルシールを貼れば一目瞭然です。ちなみに、見た目はスッキリとキレイになりますが、大きい紙袋は折り曲げて収納することになりますのでご注意ください。

◆市販の紙袋収納ボックスを使用する
紙袋収納専用のボックスも今は売られています。しっかりと大きな袋、中の袋、小さい袋が入るように仕切られているので使いやすいです。


【これでリバウンドなし!】
持つ量を決めたらそれ以上増やさないようにしましょう。そこで「1枚新しい紙袋が入ったら今ある紙袋を1枚手放す」というルールを決めます。今持っている紙袋は最もお気に入りの袋ばかりなのでどれも手放したくなければ新しく入った紙袋を手放すようにします。このルールを決めることでどんな紙袋でも保管してしまうということがなくなります。お気に入りのブランド袋を厳選して持つことができるようになりますし、とりあえず取っておこう!という執着心も徐々になくなっていきますよ。


【極力持ち込まない】
紙袋を家の中に招き入れれば、「残すのか・捨てるのか」という整理をしなければいけません。時間も頭も使います。それよりも家に紙袋自体を持ち込まないよう普段から心掛けることで整理をすること自体が減ります。これまでの生活習慣で、必要なくてもつい紙袋をもらってしまう方はお店で「紙袋とビニールとどちらにしますか?」と聞かれて必要ないなと判断したらもらわないようにしていきましょう。


いかがでしたか?家の中の色々なモノの中で「紙袋」は実は時間をかけない整理がしやすいアイテムになります。この週末のお休みの時にでも整理をして、「紙袋」も「気持ち」もスッキリしてみてはいかがでしょうか?

HIRA85_kamibukurokaraderesou500-thumb-1050x700-4907[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)