口の中を見れば、銀歯だらけ。虫歯ができたらなんとなく歯医者に出向き、いつの間にか銀歯が入り、また一つ増えてしまう。母も、おばあちゃんもおじいちゃんも銀歯があるし、健康保険がきく詰め物だから安いいしまあいいか、、、そんなふうに思っている方もまだまだ多い近年の日本。しかしながら、今や先進国の中で虫歯ができて銀歯をつめるのは日本人くらいで様々なリスクがあることが最近分かってきています。国民健康保険のおかげで私たちは、欧米先進国よりもはるかに安い値段で治療を受けることが可能で、逆にそのせいで口の中が銀歯だらけになってしまったともいえます。銀歯が口の中にあることでどんなリスクがあるかお話していきます。


【海外で銀歯は見かけない?】
そもそも海外では、審美的観点からも金属アレルギーの観点からも、そして日本のように国民皆保険制度によりとかく銀歯が安い治療であるわけでもない理由から海外で銀歯を見かけることはあまりありません。逆に海外の方が<日本の女性は美しいのになぜ銀歯だらけなのだ?>とびっくりしているくらいです。海外では、特にオーラルケアつまり歯や口の健康は重要視されているので、日本では銀歯になってしまうような大きな虫歯の場合にもセラミックを積極的に使用しています。


【銀歯のリスク】
日本の場合、少し大きな虫歯が出来てしまったときに保険適応外の白い詰め物(例えばセラミック)をするより、保険適応の銀歯を使って治療する方が安くできるという利点があります。しかしながら、銀歯は金属アレルギーを引き起こす可能性や、口の中にネバネバした感覚をもたらすしやすい、また虫歯になりやすいなど様々なリスクがあることがわかっています。

銀歯とは、金と銀とパラジウムの合金であり、口腔内に存在することで金属イオンが遊離しアレルゲンとして全身に作用し様々な病態を引き起こすこともあると報告されています。とくに銀歯に含まれているパラジウムという物質にアレルギーを持つ人は多いです。手にずっと赤い発疹が出来ている、長年顔にひどいぼつぼつができていて苦しんできたなど、原因不明の症状が実は口の中にある金属アレルギーが原因だったという症例報告もあります。


【銀歯の周りは虫歯や歯周病になりやすい】
銀歯をとってみたら中が大きな虫歯になっていたということはよくあります。というのも実は、銀歯と歯はしっかりくっついているわけではなく、銀歯と歯の隙間をセメントで埋めて摩擦力によってくっついているだけなのです。中のセメントも残念ながら劣化してくるので、銀歯の周りにばい菌が溜まれば中が容易に虫歯になります。

銀歯は口腔内で腐食したり傷が出来てくることで、まわりにばい菌は非常にたまりやすくなってしまいます。口の中には何百億という数のばい菌がいるので、銀歯の周りが菌の住処になってしまっていることは多いですし、そのせいで銀歯を入れたことで両隣の歯も虫歯になっていたということも珍しくありません。セラミックの表面は凸凹が少なく滑沢なのに対して、銀歯の表面は凸凹が大きいのです。銀歯の周りは歯周病も進行しやすいのです。


【注目されるメタルフリー治療】
口の中の銀歯から微量に溶けだした金属が全身にたまり、全身に悪影響を及ぼすリスクが懸念される昨今、歯科業界ではメタルフリー治療が注目されています。最近はセラミックやレジンなどの白い詰め物かぶせものの質も向上し、強度、質共に素晴らしいものに改良されてきています。セラミックは生体親和性にすぐれ、アレルギーの報告もない上に歯との接着も良好で、銀歯に比べ再び虫歯になる確率がぐんと減ります。銀歯を入れていると必ず金属アレルギーになるわけではもちろんありませんが、やはりそういったリスクは減らしたいものです。

4396377113_1b4acc81d8_o[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)