花粉の他にも猛威を振るものと言えば黄砂ですよね。近年はPM2.5なども散布されていることから、身体への影響を心配している人も多いのではないでしょうか。そこで、今回は黄砂・PM2.5について紹介します。また、これらの対策方法についても紹介するので、心配な方は早い段階から対策する準備をしておきましょう。



【黄砂・PM2.5とは】

■黄砂
黄砂は中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠などから舞い上がってくる細かい砂のことを言います。数千メートル高くまで巻き上げられたものが、偏西風に乗って日本にやってくるのです。そして、大気中を舞ったり、降下してきたりするものとなっています。


■PM2.5
近年話題になっているのがPM2.5です。こちらも黄砂と同じように粉塵として舞い上がった者が待機中で滞留したり、降下したりするものです。深刻な大気汚染などが原因となっており、人体に及ぼす影響も大きいことから、近年はその対策が考慮されています。



【黄砂・PM2.5が人体に及ぼす影響】
黄砂・PM2.5は人体にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。これは簡単に説明すると口腔や鼻腔関連、内臓などに影響してくることが多いです。粒子が細かいので、肺の奥にまで入ってしまうことがあり、気管支炎やぜんそくなどの呼吸器系疾患や循環器系疾患を引き起こすリスクがあります。



【対策方法や対処方法は?】
では、これらの黄砂・PM2.5の対策方法としては、どのようなものがあるのでしょうか。それらの点をしっかりと頭に入れ、健康で安心した生活が送れるようにしましょう。

まず対策の一つ目として行えることは、マスクを付けることです。ただ、簡単なマスクを着用するのではなく、顎や鼻のラインをしっかりと覆うことができるようなものが好ましいです。隙間がると粒子が細かいので入ってしまう事となります。

また、基本的に濃度が濃い日に関しては外出を避けるというのが一番効果的です。待機中に舞っているので、外出しなければ、少なくとも大きな被害を受けるということは最小限に抑えることができます。天気予報などでその日の濃度を知ることが出来るので、そちらも確認しておくと良いです。



大気中を舞っている黄砂・PM2.5は対策が難しいものでもあります。人体への影響を考えると、体内に取り入れたくない物なので、極力外出は避けることが重要となります。ただ、仕事などで外出しなくてはならないこともあると思うので、その際にはマスクの着用を行いましょう。

d44m_2670[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)