精神的に状態が悪いと言われる月曜日は、休日に休んだにも関わらず多くの人が辛い思いを経験しています。最近では、土日関係なく働かれている方も多いのですが、土日お休みの方はどうして月曜日が辛いと感じてしまうのでしょうか?「ブルーマンデー」と呼ばれる辛い月曜日、負けない方法をご紹介します。



【どうして月曜日は辛く感じるのか?】

◆ちょっとはしゃぎすぎ!休日疲れで月曜日が辛い
お休みしすぎるとどうしても体がなまけてしまいます。日曜日だけお休みなら、1日の休みを満喫しようと目まぐるしい1日を過ごしてしまう方も多いでしょう。そういった方が経験するのが「休日疲れ」です。せっかくの休みなのに“疲れるほど楽しんでしまう”ことが特徴。月曜日まで休み疲れを残してしまうといけないので、お休みはしっかり休まないといけませんね。


◆「仕事に行かないと・・・」というプレッシャー
しっかり休むとそれだけ仕事が憂鬱に。やりがいや楽しさはあっても、仕事は結局「疲労を感じること」ですから、プレッシャーや緊張感で精神的に状態が悪くなるのが、月曜日です。そのプレッシャーを我慢しすぎて更に目覚めが悪くなったり、動機や吐き気などの不調が現れてしまうことも・・・。



【辛く感じさせない方法とは】

◆月曜日はただ「1日を乗り切ればOK」
火曜日、水曜日となると、「明日も頑張ろう」という意気込みが大切ですし週末になると休みが嬉しくてやる気が出ますよね。そこで、月曜日は「ただ1日頑張れば良し!」という気合を入れて仕事に臨みましょう。なるべく週初めの余力を残しておくためにも早く帰宅して、火曜日以降がんばれるように力を蓄えておきましょう。


◆平日にも予定を入れちゃえ♪
「飲み会やカラオケなど夜遅くまで楽しむのは、平日にはNG!」という方でも、ちょっと夕食に出かけたり「ラーメンDAY」「和定食を食べる日」などちょっと贅沢な予定を入れると頑張ろうと言う気持ちが強くなりますね!


◆寝だめ禁止!睡眠リズムを一定に!
寝だめをすると日曜日の夜にしっかり寝られなくなってしまいます。夜更かししすぎると、寝だめしてしまう可能性があるので、悪循環を起こさないためにも睡眠リズムは一定に保ちましょう!



いかがでしたでしょうか。平日も楽しみを作ったり寝だめしないように気を付けるなど。ちょっと意識するだけで、月曜日も元気に仕事に精を出せるんです。お休みだからと言って気を緩めすぎないように辛さを吹き飛ばして月曜日を乗り切りましょう。

382dceef[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)