いらなくなった服でも、服は服。まだまだ着れるのに捨てるのはもったいない!と考える方は多いでしょう。そこで、いらなくなった服の処分方法について考えてみたいと思います。近年でいは、身近な回収店舗の存在が多くなりました。リサイクルショップや古着を売っている店など。


捨てるのがもったいないと思ったら、捨てる以外の選択肢を考えてみましょう。物々交換もOK・・・?捨てるにはもったいない服の有効活用方法はこちらです!



【身近な回収店舗を利用すればお得な特典が!】

全国には「回収業者」という存在があります。着ることのない衣服などは、回収業者に任せると「次に着たいと願っている人に渡してくれる」ので捨てるよりもだいぶ良い活用方法だといえます!リサイクルショップやリユーズsyっぷに回収してもらうだけで、お金がもらえたり違うアイテムと交換してもらえたり。


衣服の回収に参加するだけで、洗剤などの生活用品がもらえたり、それこそ10分の1でも捨てる衣服に対して金銭をもらえたり。そういった回収を行っている業者は非営利団体と営利団体に分かれていますが、身近にるので活用しやすいですね。



【チャリティーに寄付しよう♪】

◆物々交換チャリティって知っていますか?
いらないものはいらない、でも、それを必要だと感じてくれる人はいるかも。物々交換で、そんな悩みを解消しましょう!物々交換も一種のチャリティです!「相手が必要だと思ったものをあげる、そして自分が必要かも?と思ったものと交換する」現代の便利なリサイクル方法だといえます。


◆なんでもOK♪物の価値は人それぞれ違う
おもちゃや洋服、布切れや毛布、ハンカチなど。自分は必要じゃないと思っても、必要だと感じてくれる方はたくさんいはず。全国各地、どこにでも「回収」を行っているチャリティ団体はあります。本当にいらない、特に売るにも値しないというものはチャリティに寄付して社会貢献をしてみませんか?



「もったいない」と思うのは恥ずかしいことじゃない。環境にも地球にも、自分にも優しいことです。いらなくなった服でも、ちょっとは「もったいないのでは?」という考えを持ちましょう。あなたの周りには、再活用できる方法がたくさん溢れているのですから。チャリティや回収店舗などを利用して、もったいないいらなくなった服も再活用して、地球に優しい生活を送りましょう!衣服だけじゃなく、生活において必要なアイテムも「捨てるほどのものではない」そう思いませんか?

s001_144[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)