妊産婦が付けるものとして知られているのがマタニティマークです。妊娠している方と言うのは、お腹が大きくなればわかりますが、初期段階の場合はあまりわからないものです。これらをうまく使って周囲とうまく付き合っていくことが必要です。最近は悪用している方もいますが、正しく使って行くことが必要です。



【マタニティマークって何?】
そもそも「マタニティマークって何?」と思っている方も多いです。これは、簡単に言うと妊娠している方や出産している方を表すマークのことです。地下鉄などに表記されていることも多く、自分自身に貼って意思表示するということもできます。


妊娠していると、長時間地下鉄やバスで立っているのは大変です。そういった方のために作られたのがマタニティマークであり、妊産婦を守るためのものとなっているのです。



【マタニティマークの悪用?!周囲の反応とは?】
マタニティマークを使っている人の中には、悲しいことに悪用している方もいるのが正直なところです。悪用というほどのものではないですが、妊婦でも産婦でもないのに、そのマークを付けて優先的に席を譲ってもらおうという方もいるのです。


実際にマタニティマークを付けている人を見た時の周囲の反応としては、「この人に席を譲った方が良いのかな」という親切心を持った方が多いです。だからこそ、それらの気持ちを利用して、マークを悪用する人もいるのです。



【マタニティマークとうまく付き合って行こう】
マタニティマークはあくまでも妊婦や産婦が付けるものです。これを付けていると、周囲が親切にしてくれることを促すことができます。しかし、悪用はせず、本来の妊婦や産婦の方が上手く社会の中で行動できるようにしていくことが必要です。


使用する本人はもちろんですが、周囲の人も気を遣っていくことが必要になるので、その点をしっかりと考えて行動することが必要となります。誰もが安心して生活できるよう、マタニティマークを始め、優先席などは健常者がしっかりと譲っていく精神が必要です。マナーを守って、暮らしやすい社会を目指しましょう。



マタニティマークは原則として決まりがあるというわけではないので、悪用するという方もいます。しかし、本来は妊婦や産婦を守るためのものなので、その点は勘違いしないようにしましょう。使う本人はもちろん、周囲の方も気持ち良く譲れるように、正しく使っていくことが必要となります。

6194000100032[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)