子供の頃、塾や習い事をさぼったりした経験はありませんか。
誰もが一度は経験があるのではないでしょうか。ですが、子供の頃はどうしてあんなに習い事に行くことが嫌だったのでしょう。近年では、習い事を大人になってから始める社会人が急増している事をご存知でしょうか。仕事の帰りなどにスポーツジムやヨガ教室などに通う社会人が増えているのです。

しかし今は、健康などを重視していた習い事からスキルアップを目的とした習い事へ変化しているようです。よく不況には資格取得者が強いと言われますが、まさしくそんな感じでしょうか。しかし、一時期のような資格を持つと社内で優遇されるといった動機ではなく会社に頼らず生きていく技や、失業して職を得るためといった人まで動機が」変化している傾向が強いみたいです。では、スキルアップに役立つ習い事とはどんなものがあるのでしょうか。


スキルアップに役立つ習い事

■語学系
海外ドラマなどの影響もあり、今では英語の他に、韓国語・中国語・フランス語・イタリア語などを学ぶ人が増えています。最もポピュラーな教室は、駅前留学などで有名な英語ではないでしょうか。主な職種としましては、翻訳家、グランドスタッフ、ホテルスタッフ、通訳、海外ツアコン、客室乗務員などの仕事に役立ちやすい習い事です。最近では、東京オリンピックに合わせ語学系の習い事に人気が出ているようです。


■パソコン系
パソコン関係は素人レベルから、本格なプロのレベルまで教室が存在します。最近では、高齢者向けのパソコン教室も人気があるようです。ですが、プロのレベルの教室になりますとエクセル・ワードだけでなく、プログラミングやコンピューター言語、Webデザインやホームページ作成など学びたい内容により様々です。主な職種としましては、サポートエンジニア、システムエンジニア、プログラマー、WEBデザイナーなどの仕事に役立ちやすい習い事です。


■美容係
ここ最近になって、今まで人になかなか聞けなかった自分メイクやヘアメイクを習える教室が話題を集めているようです。また、従来の様にエステ・スキンケア関係、ネイル関係の習い事を、趣味から始めて本格的に資格を取得して仕事に使いたいといった人までいます。比較的実務に結び付きやすい習い事です。


■料理係
家庭料理を学ぶ料理教室から、スイーツ、和洋中などの本格料理までの個人のスキルに合ったレベルを選ぶ事が出来ます。また、珍しい習い事としましてはパンやそば打ちうどんなどの本格的な料理を学ぶ方も増えています。近年では男性の利用者も増え、自分で起業を目的に習い事を始める人も多くなってきています。最近注目されている、フードコーディネーターの勉強をする方もいます。主な職種としましては、フードコーディネーターや料理教室の講師など料理に関わる仕事が多いようです。


■ダンス系
女性層に人気のダンスですが、フラダンス・フラメンコ・社交ダンス・バレエなど種類もさまざまな種類が出てきています。最近では、学校でダンスの授業が必修科目になったことからより一層注目を浴びています。主な職種としましては、体育教師、スポーツジムなどのインストラクターに関わる仕事が多いようです。


■音楽系
ボーカルスクールや楽器、ギター・ドラム・サックス・ピアノなど、年齢や性別を問わず人気の習い事です。


■文科系
着付け・茶道・華道・書道などの文科系も女性に人気です。


■ファッション系
洋裁・手芸・編み物などが人気です。デザインの道へ進も若者が増えているそうです。



この様に調べてみますと、様々な習い事が存在します。習い事のイメージは趣味や肉体作りが目的でしたが、雇用も安定しない時代の表れなのか、雇用に結びつきそうな習い事が増えている様に思います。このような時代の背景からかもしれませんが、子供の習い事にも今と昔では変化がみられるのです。

子供の頃の習い事を思いだしてみますと、男性ではスイミングや剣道サッカーに書道などを習っていた人が多くいました。女性では、バトミントンやピアノ、クラシックバレーなどを習っている人が多かったように思います。やはり、子供の頃の習い事は、男性は肉体的な習い事で、女性は女の子らしい習い事が多かったようです。

実は意外に知らなかった、子供の頃に比較的よく聞く習い事で、成長期の子供の脳にダントツにHQ(人間的知能)を高める習い事があるのです。その習い事が〝ピアノ〟です。ピアノは、楽器を演奏する際、視覚・聴覚の刺激と手の動きを連動させなければならないので、脳内の動作を司る部位と知覚を司る部位を連携させる力が身に付くと言われています。ここが運動神経に大きく関係してくるのです。その為、聴覚のみならず、脳の一連の機能が強化されていると考えられているのです。

両手の指を細かく動かし、少し前の音を保ちながら、その先の音を先読みし、その記憶で適切に演奏する、ということがHQを高める訓練になるそうです。また、状況に応じて演奏を変化させることで、独創性や創造性の発達にも有効なのだそうです。しかし、ドーパミンが出た状態でないと効果が望めないので、嫌々では効果が出にくいそう。

今は、子供に早いうちから様々な教育を受けさせるそうですが、子供に良い方法を実践してみてもなかなか結果が出ないのが現状だと思います。あなたの身近にも「天才児を育てるぞ」といろいろな方法で教育を行なっているママも多いのではないでしょうか。先ずは子供の身近なピアノから習わせてみてはいかがでしょうか。

英才教育には、まずお子様が楽しいと感じる事が大切です。基本的にピアノのレッスンは先生との個別授業となります。その為、普段相談しにくい事も身近な大人の人として相談役になってくれて信頼する関係が築けると思います。習い事に行くのが楽しい、先生に合うのが楽しいといったところからやる気を引き出してあげるのが、天才児を育てる親の第一歩ではないでしょうか。

そんな習い事を楽しく演出させる素敵なアイテムをご紹介します。【ピアノ 鍵盤 トートバッグ ピンク】です。習い事が毎日楽しくなるそんなアイテムです。最近では天才児と言われる子供が増えています。あなたのお子様も、天才児に変貌するかもしれません。

最近ニュースで最年少資格取得者が特集

■「漢字検定1級」・・・小学1年生

■「英語検定1級」・・・9歳

■「数学検定1級」・・・小学生

上記の最年少資格取得者の様に未来のお子様などを天才児にしてみるのはいかがでしょうか。
習い事は、わたし達が将来、素敵な女性へ成長してほしいと願いを込めて父親、母親が勉強をさせてくれる素敵な時間だったのかもしれません。
【ピアノ 鍵盤 トートバッグ ピンク】http://goo.gl/kGBiUm

ANJ77_ehonwomiru20141115105326500_TP_V

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)