部屋にグリーンを置きたいけれど育てる自信がないし、面倒。そんな人でも気軽に育てることができる『エアープランツ』が今、人気です。「サボテンも枯らしたことがある・・」という人でも大丈夫かもしれない、『エアープランツ』の魅力を探ってみましょう。



【エアープランツって何?】
パイナップル科の常緑・多年生植物の「チランジア」の仲間を『エアープランツ』と呼んでいます。中央アメリカ、南アメリカ、アメリカの南部、西インド諸島などの森林、山岳部や砂漠に自生しているものです。植物の多くは、土から水分や養分を吸い上げて成長しますが、この仲間は空気中の水分を吸収するため、土に植えず、また毎日水やりをしなくても育つことが特徴です。



【エアープランツの癒し効果って何?】
『エアープランツ』はお手入れが簡単なことはもちろん、この他にもいろいろな癒し効果があります。


◆アレンジが自由でオシャレ
『エアープランツ』は土に植えなくてもいいので、いろいろな楽しみ方ができます。形の面白い器に入れたり、コルクや樹木などに貼付けて壁に飾ったり、天井や柱などに吊るすこともできるのでインテリアのアレンジの幅が広がります。


◆早起き不要
その上、毎日水やりをしなくてもよいため、毎朝早起きをする必要もありません。水やりは週2回くらい、霧吹きで全体を湿らせてあげるだけ。しかも、『エアープランツ』は昼間は気孔を閉じているため、夕方から夜間に水分を与えるので、深夜帰宅する人でも気軽にお手入れしてあげられるのです。


◆感動の成長と開花
さらに『エアープランツ』の種類には、みるみる育ってくれるものもありますし、一生に一度は花を咲かせてくれますので、感動するはずです。ほとんど放置状態なのに、しっかりと育ってくれてケナゲに花まで見せてくれるのですから、癒し効果も抜群というわけです。



【オススメのエアープランツ栽培方法とは?】
自由なアレンジが楽しめますから、インテリア性の高い栽培がオススメです。お気に入りのガラスの器で育てたり、コルクボードなどの壁面栽培やワイヤーバスケットなどを使ったペンダントタイプもオシャレです。株分けもできますので、増やして友だちに養子に出すことも可能です。
 


形の美しい葉を持つ『エアープランツ』や、可愛い花を咲かせるものなど、さまざまな種類が売られています。最近は百均にもお目見えしているようですので、アレンジしてセンスアップさせるのも楽しいでしょう。自分だけのオリジナルなアレンジや、飾り方の工夫で癒しとインテリアのアップグレードを目指してください。

yun_6611[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)