近年、日本の主要な観光地には、必ずと言っていいほど外国からの観光客あふれています。

日本への外国人観光客の内、3人に1人は、リピーターと言われているのです。また、日本を観光地に選んだ理由を聞いてみると驚くことに、一度日本に観光に来た、友人や家族、同僚からの薦めで選んでいるのだそうです。わたし達が普段から当たり前の様に行っている行動や振舞いに、日本古来のおもてなしの心や心遣いが含まれているのではないでしょうか。そんなところが海外からくる外国人観光客にはとても評価を受けているのです。

先日、海外の観光客が中国版SNSより、日本の高速道路に設置されているトイレの空き状況を『空』の字で示すパネル付トイレを紹介され話題となりました。また、その際きれいなトイレの写真を見て「日本人は後から使う人のことを考えて利用している」と多くの称賛の声が寄せられたそうです。では、外国人に絶賛される日本人のおもてなしの心や、心遣いとはいつ頃から始まったことなのでしょうか。日本人には古来よりさまざまなおもてなしの心が存在するのです。

普段わたし達が外出先で使うトイレですが、海外ではきれいなトイレを利用するには、お金が掛かります。ですが、日本ではデパートやコンビニなどでは、お店などの好意でトイレを無料で使う事が出来るのです。この行為は、海外では防犯上考えられない事だそうです。

当たり前のようにトイレを利用する事が出来る日本は、海外の観光客から素晴らしいと絶賛されているのです。ですが、絶賛されている理由としては、トイレの貸し出しだけではないのです。そこには、日本のおもてなしの心がありました。

トイレットペーパーが無料で設置され、鏡のそばには観葉植物や小物が置かれ、雰囲気も心地よく、トイレに来たのか休憩に来たのか分からなくなる程の空間にまずは驚くそうです。無料のコットン、脂取り紙、ハンドクリームなどが用意され使う人のことを考えつくされての心遣いが反映されているのが誰もが利用するトイレに反映されているなのではないでしょうか。

日本人としての「おもてなし」の心とは、人と人との出会いや一期一会の精神が大きく関わっていると言えます。「最高のもてなし」の心は、『あなたとこうして出会ったこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度のものです。だから、その一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』と言う意味の、千利休の茶道の筆頭の心得であるのです。それは、これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい、という教えなのかもしれません。

千利休の説いた茶道の教えようとしたことは、おもてなしの心なのです。一般的に言って、茶道ではじめに習うのは作法です。おそらく書や焼物から教わる人はあまりいないでしょう。 数限りなくある作法、それらは一つ一つ意味があるのです。それらの根底にあるもの、それはとりもなおさず「おもてなしの心」と言えます。 自分を下げ、相手には思いつく限りの丁寧さで対応します。

茶会で亭主が茶を点(た)てる行為、これを点前(てまえ)と呼びますが、なぜそれが必要なのか。それは本来裏方でする作業を見せてまでも、入れたばかりの熱いお茶をお客様に差し上げるため、また何もやましい事はしていないという証明のために道具を客の目の前で清めるところから始まります。一杯の茶を差し上げる。それだけのことであり、それを含んだ全てのことなのです。

日本のおもてなしの心は、侘びで始まり寂びで終わると言われています。この言葉を説明するのは、本当に難しいことです。日本人と言うのは世界的に見ても珍しい控えめ(地味)を愛する一面を持っています。 もちろんゴージャスに憧れる側面もありますが、地味を愛する性格を究極まで突き詰めたものが茶道と言っても過言ではないでしょう。

侘び寂びは言ってしまえば「地味」です。ですがただ地味なわけではありません。 必要でないものを全て削ぎ落とした完璧なまでのシンプルさ。 自然を愛し、自然な姿を求めるありのままの心。 今在ることに感謝し、時の移ろいを肌で感じる姿勢。 虚飾を全て捨て去ってそこに残る清らかな美しさ、それが侘び寂びなのです。

侘び寂びの心は、本来日本人なら必ず持ち合わせているはずの精神です。 そしてそれは知るものではなく、感じ、覚えていくものなのです。これこそが、外国人がまた日本に観光に期待と思わせるおもてなしの気遣い心遣いの根本ではないでしょうか。来て下さったお客様へ最高のおもてなしの心は、茶道に繋がっています。あなたにも持ち合せている日本人の誰にも誇れる精神でお友達やご家族に最高の心のこもったお茶を出してあげたらいかがでしょう。

京都清水焼と良質な茶葉を取りそろえる宇治茶園より【宇治茶園 特上抹茶 風香30g】です。抹茶は畑に覆いをして直射日光を遮ることにより特有の旨み甘みを作ります。その茶葉を昔ながらの石臼で時間をかけて細かく挽いています。新鮮な茶葉のふわっとした柔らかい香りが楽しめる逸品です。お茶は、不思議と飲む人の気持ちを穏やかにさせ相手に感謝の気持ちを伝えられる不思議な飲み物です。普段飲まないようなお茶本来の味に触れてみてはいかがでしょうか。【宇治茶園 特上抹茶 風香30g】http://goo.gl/fu03id

yun_8839

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)