一生懸命働いているのに、会社で先輩や同僚から嫌がらせを受けたことがある、という経験はありませんか?仕事だと割り切っていても、心はそう簡単には軽くなりません。仕事もプライベートも充実して過ごすために、ポジティブになれる気分の切り替え方や考え方をご紹介します。



【会社で受ける嫌がらせってどんなものがあるの?】

・話しかけてもらえない


・大変な仕事ばかりをまかせられる

・飲み会に声をかけてもらえない

・お土産を自分にだけ配ってくれない



【ポジティブになれる気分の切り替え方・考え方】

◆仕事に集中できる

嫌がらせをしてくる人から話しかけてもらえなくなったとしても、「邪魔されず自分の仕事に集中できるからいいや」と前向きにとらえましょう。スムーズに仕事ができれば定時に帰宅できます。仕事で必要なこと以外は無理に話をする必要はありません。


◆大変な仕事を経験してスキルアップ
面倒で大変な仕事でも、何度か経験していくことで作業に慣れ、自分自身のスキルアップにつながります。実績を増やして、嫌がらせをしていた人よりも高い評価をもらえる可能性も!しかし、時間配分などを考慮せず無茶な仕事を渡された場合は、早い段階で上司に相談するなどの対策を忘れないようにしてください。


◆仲良しの友人と飲み会
自分だけ飲み会に誘われてないとわかると、なんだか寂しい気持ちになりますね。でも、よくよく考えてみればそんな嫌がらせをするような人と一緒に飲み会に行きたいでしょうか?できれば気の合う仲の良い人と行きたいですよね。そんな疲れる飲み会になんて、誘われなくて良かったと思えてきませんか?

自分から友人に声をかけて、気楽に楽しくお酒を飲んではいかがでしょうか。友人と愚痴を言い合えば、日々のストレス発散にもなりますよ。


◆「大丈夫、気にしない!」
仲間外れにされたり、嫌がらせをされて悲しい気分になったら、声にだして「大丈夫、気にしない!」と言ってみましょう。鏡を見ながら言うとさらに気持ちがすっきりと切り替えられます。美味しいものを食べたり、休憩時間に音楽を聴いてリフレッシュするのもおすすめです。気分が沈んだときは、自分の一番好きなことをして思いっきり自分を甘やかしてあげましょう。



嫌がらせをされても、気にせずポジティブに生活することこそが最大の仕返しです。嫌がらせに対して何の反応もせずニコニコしていたら、気づいたら嫌がらせがなくなっていたということも良く耳にします。
社会人になっても嫌がらせをする大人がいるというのはとても悲しいことですよね。反面教師ととらえ、そんな大人にならないよう、会社での自分の態度に注意をしておきましょう。

PAK85_otonashikushiyagaredon20140830184335500-thumb-1000xauto-5960[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)