仕事をスムーズに進めるために何が大切でしょうか?働き始めの社会人は、必ず覚えておいたほうが良い「ホウレンソウ」についてご紹介します。ホウレンソウとは、「報告・連絡・相談」の頭をとった「報・連・相」のことです。ビジネスにおいて、この3つは欠かせないことでホウレンソウを理解し、正しいビジネスマナーを身に着けることでスムーズに仕事をこなすことができると言われています。



【ホウレンソウとは?】
ホウレンソウとは「報告」「連絡」「相談」のこと。
まず報告とは、上司からの命令に対して部下が結果を上司に知らせること。報告しなければ仕事は進みませんから、部下や後輩は必ずしなければいけません。

連絡とは情報を関係者に連絡すること。自分の意思や憶測など関係なく、「今ある最低限の情報」を連絡することです。「~~だと思う」「~~ではないのか」という憶測は全く必要ないので、事実だけを連絡することが大切です。

そして最後に、相談とは「上司や同僚、先輩に意見を聞いてアドバイスをもらうこと」です。後輩や部下は上司の意見を聞くだけではなく、その意見を聞いて参考にし、向上していく必要があります。



【なぜ会社でホウレンソウが必要なのか】
スタッフの間で、上下関係の中で、「意思疎通」は大切なことです。意思疎通がうまくいっていないと仕事の効率はどんどん悪くなるでしょう。「現状」と「個人の意思」が把握できていない上司は、部下のサポートすらすることができません。

また、会社の業績を悪化させる原因ともなり個人の仕事のモチベーションが下がる原因でもあります。ホウレンソウが徹底されていることで意思疎通がスムーズに行われ、社内でモチベーションの高い人間が増え業務効率も高まるでしょう。そういった観点からホウレンソウは欠かせないことなのです。働き始めたばかりの社会人なら、覚えておかないと損ですよ!



ホウレンソウで大切なのは、正確な情報と部下と上司の意思疎通です。連絡にはあいまいな情報は必要ありません。たとえば、「~~なようです」「~~みたいだ」といった内容は誤解を与える原因です。「言った言わない」のトラブルにならないように、正確な情報を伝える必要があります。

上下関係だけではなく、同僚やスタッフ間でも活用できるホウレンソウ。口頭だけではなく、メールでも大切なことです。タイミングやスピード、ビジネスマナーをしっかりと理解し、意見や正しい情報を伝える技術「ホウレンソウ」を活用して下さいね。

file221263244327[1]

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)