結婚して寿退社、というケースもあれば先に妊娠してしまうということもあります。どんなケースでも職場には妊娠の事実を伝えなくてはいけませんが、タイミングが難しいですよね。では、職場に妊娠を伝えるタイミングってどうすればイイんでしょう?



【職場に妊娠を伝えるのは普通?】
女性が妊娠した場合は職場に伝えるべきだとは思いますが、人によっては嫌がることもありますよね。妊婦さんを露骨に迷惑がるような会社もありますし、足手まといのように平気で口にする上司がいる会社もいます。そんな対応に耐えきれないからと敢えて妊娠をしたことを伝えない女性というのも実は少なくありません。


妊娠の事実を伝えずにそのまま退社してしまうというケースもあります。しかし、その職場で今後も仕事を続けたい、出産してある程度育児が終わったら仕事に復帰したいというケースではそういうわけにもいきませんよね。こうしたケースではしっかりと上司などに伝える女性が多いようです。ちゃんと伝える方と伝えない方は半々といったところなのでしょうかね。



【報告するタイミングとは】
一番イイ報告をするタイミングなんて正直ありません。会社によってはどんな時期に報告したとしても辛い対応をされてしまうことも多々あります。ただ、お腹の赤ちゃんを守るためにもできるだけ早い段階で報告することは大切ですね。無理に仕事を続けてそのまま流産なんてことになってしまうと悔やんでも悔やみきれません。まずお腹の中の小さな命を守ることを考えましょう。


直属の上司にはすぐにでも伝えた方がイイでしょう。また、既に出産を終えている先輩などがいれば相談してみるのもおススメです。最初に一番イイタイミングなどないと言いましたが、そうはいっても会社によっては繁忙期がありますから、そんな時期に入ってから伝えると嫌な顔をされてしまうかもしれませんから、そうした時期は避けた方が賢明ですね。できるだけ早めに伝えるということが基本です。



妊娠したらとにかくお腹の中の赤ちゃんを守ることを考えなくてはいけません。それが母親たるものの義務でもあります。報告したら冷たくされるかも、と考えてしまうかもしれませんが、そんなもの赤ちゃんの命と比べたら小さなことでしょう。無理に仕事を続けて何か起こってしまったら、という気持ちは常に持っていなくてはなりません。できれば繁忙期を避けて、できるだけ早めに上司へ報告することですね。

6036748007_790aceaff9_o[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)