皆さんは日々の疲れを何で癒されていますか?女子なら好きな入浴剤を入れて、まったりとお風呂タイムで疲れを癒したり、仲のいい友達とストレス発散にお買い物に出かけるなどですかね。男子の場合は、気の合う仲間と飲みに行ったり、学生時代のようにバカ騒ぎをしたり、趣味に没頭したりと、人それぞれに「癒す方法」というものがあります。
ですが、現代人の心の空虚感は、人でしか癒せない部分もあると筆者は思います。だから、人は恋をして結婚をして家族を作るのでしょうね。生きていく事に疲れてしまいそうになっても、家族や愛する存在がいるとなると、頑張ろうと思えるパワーは格段に違っていくのです。


大好きな人の心と体が疲れてしまったら、皆さんはどのように声を掛けてあげますか?「お疲れ様」とか「大丈夫?」など世の中に存在する言葉をフルに使って、相手を少しでも癒せることが出来たらと思いますよね。今回は、男女別に「毎日の疲れを吹き飛ばす癒しのセリフ」をご紹介したいと思います。



〈仕事疲れも一気に吹き飛ぶ!セリフ〉
皆さんにも、大切な人に言われたら、毎日の疲れも一気に吹き飛ぶのに…という言葉があると思います。彼や彼女に言われたら、心が少しホッとする、または心が軽くなる言葉を、今回はお話していきたいと思います。



男子編

◆いつもお仕事お疲れ様です
王道中の王道ですが、社会でがむしゃらに頑張っている男子からすれば、変に言葉を作るよりもシンプルにストレートが一番効くのです。自分が思うように上手くいかない事の方が多い現代では、男子は特に社会に鼻っ柱をへし折られることの方が多いと思います。そんな中、大切な存在に「お仕事お疲れ様です」という言葉を言ってもらえるだけで、頑張っている自分を認めてくれているように感じるのです。「明日もまた頑張ろう」と言う、彼の気持ちを育てるお手伝いが出来るのは、自分にとっても嬉しい事ですよね。



◆○○君は、大丈夫だよ!
時に人は、大きな失敗や小さな失敗の積み重ねで、自分自身、自信がなくなってしまう時があります。そんな時に、「○○君は、大丈夫だよ」と何の確信も根拠もない言葉だけど、大切な人から言われると心が救われるような気持ちになります。

どんな自分であっても、諦めずに見切らずに、思ってくれている人がいるという安心感は、何にも代えがたい心の栄養になるのです。大丈夫という根拠はきっと、そんなあなたが好きだという、彼女や奥さんの気持ちなのでしょう。


◆私が癒してあげる!
ド直球に「癒してあげる!」という言葉は、言われた側からすると、多分色々な妄想をすると思いますが、そこは自由に妄想させてあげましょう。その人なりの癒す方法や、癒されたい方法は人それぞれですので、彼の思うままのことをしてあげましょう。そして彼が、また心と体が疲れてしまっても、彼女や奥さんに癒してもらえる!という思いで、毎日を頑張っていけるのです。頑張るための着火剤のような感じでしょうね。疲れた時に伝えてくれる言葉や思いは、日々頑張るための源となるのです。



◆何かして欲しい事があったら言ってね?
自分が疲れている時に「何かして欲しい事があったらいってね?」なんて言われると、この人だけは自分の事をちゃんと考えてくれて、僕の為に頑張ろうとしてくれていると感じます。男女関係なしに、自分の為だけを思ってしてくれる行動は、愛しかないですよね。大きな愛に包まれる感覚を彼に実感してもらう事で、彼自身の悩みや抱えている思いがある場合、自然に彼女や奥さんに話せるようになっていくのです。男子は特に、傷ついても悲しい事があっても、自己解決をしてしまう生き物なので、弱音を吐ける相手は一番心の負担を軽くするのです。そんな存在になることで、自分自身も彼自身も、変わらず愛し愛される理想な関係を築くことが出来るのだと思います。



◆頑張っている○○君は、とてもカッコいいよ!
カッコいいとか、可愛いという言葉は、新鮮な時期なら自然に交し合える言葉ですが、お付き合いも長くなると、そんな言葉をいう事自体失くなってきてしまいます。

ですが、マンネリしないためにも効果的な方法は、彼を誉める事です。思っても無い事を口にするというわけではなく、長い年月が過ぎていくにつれて、思っても口に出さないようになってしまうのです。そうなってしまったら、そりゃマンネリもしてしまいますよね?ですが、人は褒められると嬉しいものなのです。それが好きな人なら尚更ですよね!しかも男子は、外見もそうですが、中身もカッコいいと言われることが好きなので、思う存分褒めてあげましょう。



女子編

◆あんまり無理しちゃだめだよ?
女子はいくら外でバリバリ頑張っていても、好きな人の前では甘えたいものです。男女平等と謳われる時代になっても、世間は女子に厳しい社会が存在します。そんな中、世界に一人だけでも、自分の味方になってくれていると感じる言葉を掛けられたら、大抵の女子はふらっときてしまうでしょうね。無理して頑張っている自分を、彼は分かってくれているという安堵感は何にも代えがたい癒しなのです。



◆大丈夫!僕がついているからね
「大丈夫」という言葉は男子の中にもありましたが、男女の違いは使い方です。男子に対して「大丈夫」という言葉は、君なら大丈夫と言う意味合いが力を持ちますが、女子の場合は、何があっても大丈夫だよという、ダメな自分でも大丈夫という安心感です。



◆何かあったら、言ってね?
この言葉は、何か困った事があれば助けるよという意味合いで使うのがベストでしょう。女子は男子に頼りがいを求める傾向が強いのもそのせいだと思います。頼りになる男子かそうでないかを見極める女子のポイントは、このような些細な一言が鍵を握っているのです。



◆思ってること何でも話したらいいよ。
女子はお話が大好き!だから、毎日の小さな愚痴でも何でも聞いてくれる存在が大好きな彼なら、もうこの人しかいない…と思わせられること間違いなしです。自分の話を聞いてくれる、言葉がフワフワ宙を舞うことなく自分を受け止めて理解してくれようとしている。そんな存在が、大切な人なら尚更大きな力となって、明日も頑張ろう、そして彼に何かあったら自分も助けられるような存在になろうと思えるのです。



◆いつも頑張っているね、よしよし
このセリフでは「よしよし」が重要なポイントです。年齢をいくら重ねても甘えたい願望が強い女子は、彼から甘えていいよと言う言葉を待っています。ですが、年齢を重ねて、彼との関係も重ねていく毎に「甘え」はいつしか出来なくなってきてしまいます。その理油はやはり精神年齢が女子の方が上だからでしょうか。ですから、女子は年上の男性を好む人が多いのかもしれません。




このように男女共に大きな違いは、男子は好きな人からは「応援」のような言葉を望んでおり、女子は好きな人からは「安心感」を求めます。女子に対して、いつも「頑張れ!頑張れ!」なんて言ってしまうと、心のよりどころがなくなってしまったように感じ、安堵を感じる新たな人を求めてしまうようになる可能性があるという事。
そして、男子には「今のままでも、○○君は頑張っているよ」なんて向上心が感じられない言葉を使ってしまうと、男子に必要なハングリー精神は削がれていってしまうかもしれないので注意が必要です。

gf01a201502011600[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)