交通事故や思わぬアクシデントによって歯がぬけてしまうことがあります。突然のめまいで床に倒れた衝撃で歯をぶつけたり、子供が学校で遊んでいて遊具に激突して歯が抜けてしまうなど予期せぬ歯の脱臼はしばしばみられます。また、完全に抜けてしまわなくても階段で転んで歯がぐらぐらしたり、少し動いてしまったなど、亜脱臼と言われる事態になることもあります。そんな時少しの機転で、もしかしたら歯がくっつくかもしれないのでそんな豆知識を覚えておいてほしいです。

特に永久歯が生えたばかりの子供の骨は柔らかく、大人であれば歯が割れることが多いですが、子供だと歯ごと取れてしまうことは珍しくありません。子供はやんちゃに遊びまわるので、いつこういう事態が起きてもおかしくないですから頭の片隅に覚えていてくれたらいいなと思います。



【歯がとれたらどうすればいいの?】
鉄棒から落ちたり、転んだりしたときに歯が取れてしまった場合まずは落ち着いてください。歯を見つけ歯は《生理食塩水》に浸します。しかしながら生理食塩水が身近にある場合は少ないのでその場合は《牛乳》につけて保存してください。

すべての場合で歯がくっつくわけではないですが、歯が乾燥せずにくっつく確率が上がります。口元から血が出ている場合清潔なガーゼを咬みます。血が出ているときその部分を圧迫することで止血することが可能です。そしていち早く歯科医院へ行き処置を行ってください。すべての場合で歯がくっつくわけではありませんが歯がくっつく可能性はあります。(強く頭を打っているなど口元以外にも重篤なけがをしている場合は病院へ行ってください)
歯科医院に行くと歯を戻してくれて固定してます。鎮痛処置や傷の処置もしてくれますが、口腔外科対応でない医院もあるので注意が必要です。



【ぶつけてから歯がゆれている】
歯を固定することで元の場所に歯がくっつくことがあります。放っておかずに受診することをオススメしますし、歯を強くぶつけると中の神経が死んでしますことがあります。また、一見歯に影響がなさそうに見えても、周りの骨に異常が出ていたり、歯に亀裂が入っていることもありますのでまず受診してみることが大事です。



【歯をぶつけてから色が変わってしまった】
強く歯をぶつけてしますと歯の色が黒ずんでくることがあります。ぶつかった衝撃で中の神経が死んでしまうと歯は変色してきます。その場合は神経の処置が必要になります。しかしぶつかった直後歯の変色が見られても、歯が固定されると神経が回復することもあるので歯科医院でみてもらいましょう。歯の神経がなくなってしまった時に歯の変色を回復する方法がウォーキングブリーチです。



【ウォーキングブリーチとは】
歯の神経が死んでしまった時、歯を差し歯にしなくても歯を元通りの色に変えることが出来る方法です。歯を中から漂白して、黒ずんでしまった神経のない歯を白く回復できる方法です。ホワイトニングの一種ですが、差し歯やかぶせものにするより歯を削る量が少なくていいという利点があります。


【歯が欠けたときは】
これも急いで歯科医院に行ってください。というのも歯は中の神経と一番外側のエナメル質、そして真ん中の象牙質という3層に分かれているのですが中の象牙質がむき出しになってしまうとすぐにむし歯や神経に炎症がでてしまう可能性が上がるからです。中の象牙質はほんらいむき出しになることのない弱い組織なので歯守るためにもいち早い処置が必要です。小さくかけただけでしたら、白い歯と同じようなプラスチックで綺麗に治る場合もあります。特に子供の歯は大人の歯に比べ弱くやわらかいので虫歯の進行も非常に早いので、忙しいからと先のばしにするのは得策ではないでしょう。



【スポーツマウスピース】
スポーツ時に衝突や転倒により歯を失うこともしばしばあります。歯を保護するためにスポーツ用のマウスピースを使うことで安全にスポーツを楽しむことができます。オリンピックの時に、スノーボードやスキーの選手の口の中がカラフルなのを見たことがあるかとおもいますがあれもスポーツマウスピースです。
奥歯に衝撃の多いスポーツには特におすすめです。また、スポーツマウスピースを使用してゴルフをすると飛距離が伸びることもあるそうです。市販のものより、歯科医院でかみ合わせを合わせたものをつくるとなお効果的ですし力を発揮できます。バランス面や脳への刺激、力の発揮において奥歯のかみあわせは非常に重要です。

lgf01a201303221200[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)