郵便物に領収書や請求書、仕事用の書類、説明書や保証書等、家の中には書類等の紙類が以外とあります。使いたい時に、「どこに入れたかな?」と探し回った経験はありませんか?一時的にテーブルの上や引出しの中にポンッと入れておくことで様々は書類が混ざり、どこに入れたか分からなくなってしまいます。探し物ほど人生で無駄な時間はありません。今回は使いたい時にサッとすぐに出せる紙類の整理法をご紹介しましょう。



【家の中にある必要な書類/紙類は何かを考えてみよう】
書類の探し物をする方は様々なジャンルの書類を分類なくまとめて置いている傾向があります。そこで、今自分の家にはどのような書類があるのかを紙に書いてみましょう。(例:光熱費、説明書、保証書、年金、保険、病院、領収書、レシート等)。それぞれ表にタイトル名を書いたファイルを作っておきます。これだけでも分かりやすいですが、次は更に管理しやすいように分類していきましょう。



【重要度やアイテムで分類(グループ分け)する】
◆重要度の高いモノ
ずばり、長期間保管しておくモノです。年金・保険はこれに当てはまるでしょう。何年も管理するモノになりますのでファイルには年、月も記載して見やすいようにラベルをしておきましょう。また、インターネット等、数あるIDパスワードを忘れてしまうという方はID専用のファイルを作っておくのも便利です。ただ管理には注意しましょうね。


◆取扱い説明書
取扱い説明書も以外と多いモノですね。それぞれファイルに入れて、掃除機や炊飯器等ラベルシールを貼って置いておきます。新しいモノを購入したら今ある説明書は捨てましょう。説明書は各アイテムにつき1つになるので説明書を見る時に歴代の説明書が混ざって分からなくなるということがなくなります。


◆領収書
光熱費、買い物の領収書等があげられるでしょう。領収書は比較的流動するモノになります。


◆趣味のモノ
ファッション誌の切り抜きや、レシピ、お店のセール案内等があげられます。女性は趣味や気になるものも多いので、特にこのグループを作るのはおすすめです。


◆病院関係
定期健診のお知らせや診察券があげられます。
分類をしたら、分類ごとにファイルケースに入れて管理をします。ファイルケースには何が入っているかラベルをしておきましょう。これはあくまでも例なので、自分が分かりやすいようにグループで分けてみてください。(例:重要!年金・保険)



【おすすめの収納グッズ】
◆書類は重ねない
書類は上にどんどん積み重ねると、下のモノは取りづらくなるので「立てて、取り出しやすく・戻しやすい」収納を作ってあげることが大切です。100円均一やホームセンター等に売っている「ファイルボックス」で管理するのが一番おすすめです。ファイルボックスに入れるファイルはクリアポケットがついているファイルが管理しやすいですよ。また、サイズ、色を合わせることで更に見やすくなりますし、統一感が生まれるのでおすすめです。



【頻繁に出し入れするモノは生活動線上に】
「領収書」や「趣味」のグループは頻繁に出し入れするモノになりますので、どこにあったら便利かを考えて収納場所を決めてあげてください。



いかがでしょうか?書類、衣類、食器類等、言葉に「類」とつくモノは家の中でつい増えてしまうモノだと認識してください。最初はどんな書類があるのか書き出したりグループ分けをするのに少し時間がかかりますが、一度作ってしまったらとても便利な収納になります。家の中の紙類が上手に管理・収納されれば、探し物がなくなるだけでなくお部屋の中もスッキリとするはずですよ。書類の整理をしたかったけど、どうしたらいいのか分からなかったという皆さん、ぜひ参考にしてみてくださいね。

lgf01a201311250900[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)