カレシが欲しい!とは思っていても、ダメな男でもOKなんて思ったりはしてませんよね?女の時間はとっても貴重なもの。ダメ男に引っ掛かって時間を無駄にしないよう、しっかりいい男を捕まえて、質のいい恋愛を経験しちゃいましょう!・・・とは言っても、ダメ男って結構付き合うまでわからないモノなんですよね。
カップルになって初めて、「あ、この人、ダメだ」ってわかることもよくあること。なんとかお付き合い前にダメ男を見分けて、時間を無駄にしないようにしましょう!



ダメ男の特徴その①【靴や小物が安っぽい】
靴や小物が安っぽい、またはボロボロな男はケチな可能性があります。たとえジーパンにTシャツの男性でも、時計や靴などに気を使っている男性はある程度のお金を持っている男性である可能性が高いです。
逆に、どんなにブランドで身を固めていても、小物にお金をかけていない人は、上手なお金の使い道を知らない、表面的なおしゃれしかできない、お金がないなどの理由が考えられます。

特に、いい年齢になっている男性にとって、上質な時計や靴を持つことは、一種のステータスにもつながりますし、いろいろな人脈を持つ中で、そういったところを見られることもあるので、間接的に出世にもつながることでしょう。



◆ダメ男の特徴その②【実家暮らし】
全員が全員ではないでしょうが、職がある男性で、一人暮らし経験がない男はダメ男である可能性がとても高いです。と言うのも、家事全般についての理解が乏しく、「だれかがやってくれる」「自分は世話をされる立場」と言う幻想から抜けきることができるチャンスが与えられていないからです。実家にいると、母親がすべてやってくれるため、子供のまま成長してしまうわけですね。
もしもそのまま結婚まで進んだ場合、当然、自分で家事をやったことがありませんので、すべての基準が母親となります。つまり、妻と母親を比べる男になりやすいということです。



◆ダメ男の特徴その③【強さ自慢をする】
男性が女性に自慢できるものってなんでしょう?顔?運動神経?頭の良さ?知力?そのあたりじゃないでしょうか?「俺って強いんだぜ!」こんな男って、結局はそれしか自慢できないから、そういうんですよね。粗野で乱暴、短絡的な男性と言っても過言ではないでしょう。「昔暴走族のトップだったんだぜ」「ケンカして相手を病院送りにしたんだ」
こんな自慢、社会人になったらなんの意味もありません。むしろ、マイナス要素しかないでしょう。そこに気づかず、こういう態度を取り続ける男性は明らかにダメ男。DVに走る可能性も秘めていますので絶対に避けるようにしましょう。



◆ダメ男の特徴その④【人の話を聞かない】
こういうタイプは、人から避けられます。特に、会社などでは重要ポストにはつけないでしょう。また、ケンカになった場合、話し合いも成立しない可能性があるため、なるべく避けたほうが無難。やはり、コミュニケーションはお互いの話を聞くことから始まるということですね。



◆ダメ男の特徴その⑤【自分が大事】
他者の幸せを素直に喜ばなかったり、お年寄りや子供などの社会的弱者に対し、情がないような男性は、自分が大好きな人。



【ダメンズに引っ掛からないために】
何かあった時に、支えあうことができないかもしれません。熱血も困りものですが、こういう男性は感情が乏しいこともありますし、一緒に何かを作り上げていくには難あり。そういう点ではダメ男として評価しても良いでしょう。



☆いい男を捕まえよう!☆
ダメ男の見分け方はわかったかもしれません。けれど、いい男を捕まえるには、貴女自身もいい女である必要があります。類は友を呼ぶとも言いますし、自分自身と同程度の男性がやってくるのですから、自分磨きを忘れないようにしてくださいね。優しい女性には優しい男性が、知的な女性には知的な男性がやってきます。たとえ、頭の良い男性と出会うことがあったとしても、会話の内容が違えば恋には発展しません。

服もギャルっぽい服ばかりだと、そういう服装で遊べるところにしか行かないような男性しか来ませんが、品のある服を着こなせるようになれば、それ相応の場所に行ける男性が来ます。笑っていれば、一緒に笑える男性が来るでしょうし、人の悪口を言っていれば、同じように悪口を好む男性しか寄ってこないでしょう。そんな風に、自分と似たものとカップルになってしまう事が多いんです。いろんな知識を身に着け、品性を磨き、他者の幸せを喜び、陰口は言わず、常に明るく優しい女性でいることが、良い男ゲットの一番の近道になりますよ。ダメンズなんかに惑わされず、良い男性とお付き合いできるよう、見る目を養い、そんな男につりあう自分になりましょう!

OZPA_hi-rudehumarerudansei500-thumb-1000xauto-3179[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)