漫画や映画の世界だけじゃない、胸がときめくシチュエーションは、女子なら誰しも望むもの。メルヘンやドラマチックが、大人になると「恥ずかしい」という気持ちが増してしまって、中々本音が言えなくなっていくのです。
ですが、女子はいつまでも夢を見るモノ。ですから、好きな男子にときめくシチュエーションでラブハプニングを期待するのも仕方のない事です。「そんな漫画や映画みたいなことなんて、現実的にあるわけないしなぁ」と思っていても、夢見る位は自由でイイじゃないですか!
それでは、人気爆発した壁ドンよりも、もっともっと胸ときめくキュンキュンシチュエーションをご紹介していきたいと思います。女子が望むネクストブームから、意外なキュンポイントまで、気になる女子がいる男子必見のシチュエーションをお話していきたいと思います。


【定番の壁ドン】
定番の壁ドンの火付け役って、一体だれかご存知ですか?なんとそれは、千と千尋の神隠しのハクだったのです!!映画の序盤の千尋とハクが出会う所で、壁ドンは繰り広げられているのです。もう一度そういう目線で千と千尋の神隠しを見てみるのも、楽しいかもしれません。ハクの少年ながらに大人顔負けの男らしさは、現代の男子には見習ってもらいたい所ですからね。



【いきなり感が堪らない床ドン】
この床ドンを行うために必要なのは、彼の家もしくは、自分の家に出入りするくらいの仲にならなくてはいけません。ラブハプニングで、1番燃え上がりそうなシチュエーションです。

よく、漫画とかでは、好きな彼と勢いよくぶつかってしまい、わちゃわちゃなったあげく、気がついたら彼が馬乗りになってしまっていた…なんてシーンがありますが、実生活ではそんなこと、あまり起こりにくいですよね。よほど、相手の気持ちを盛り上げるのが上手い女子でしか、この高度な技は使えない気がします。
ですが、この記事を見てくれている男子に一言!女子は、押しに弱い生き物です。床ドンのシチュエーションで、NOという女子は少ないと思います



【母性本能刺激しすぎの肩ズン】
この肩ズンは、日頃バリバリ仕事をこなしていて、かっこいい男子に限るシチュエーションです。そんな、男らしい彼が、ふいに自分の肩にもたれかかり「ちょっと、休ませて」なんて弱気発言をするから効果が発揮されるのです。日頃からなまけて、甘えてばかりの彼なら、女子も「本当、なんなの?こいつ」となってしまうでしょう。

このシチュエーションに必要なポイントは、メリハリ、オンとオフという、彼のギャップなのです。女子に頼らないような男子が、自分にだけ甘えてくるというステータスとドキドキが混在する、母性本能くすぐられる行為なのです。
ですから、男子が実践するとなると、その前に仕事をバリバリこなす男らしい男を彼女にアピールしてから、ということになるので、少しスパンは長めにとるのがベストでしょうね。



【顎くいは女子の永遠の憧れ】
この顎くいはハリウッド映画でよく見るシチュエーションですね。
ですが、このシチュエーションも難易度は相当高くて、こちらも好意を抱いていない相手や、ビジュアルなど様々なポイントが重ならないと、決まるものも決まらないと思いました。この、顎くいはキスする手前の行為なので、覚悟を決めて男子も行ってほしいですね。



【結構ジワジワくる腕ゴールテープ】
何だか聞きなれない、腕ゴールテープですが、この言葉だけで想像するのは難しいですよね?この腕ゴールテープは、すれ違う瞬間に、相手に腕を回して足止めするといったシチュエーションになります。気になる男子のすぐ隣をすれ違う瞬間に、彼の腕で体を止められるなんて、考えただけで胸キュン度が高まりますよね。
お互い好きかどうかも分からない時に、彼から腕ゴールテープをされると、一気に恋心は燃え上がりますし、彼も思わず引き止めてしまった感が、またいいのです。

この腕ゴールテープは、難易度が低いのにもかかわらず、相手に印象づけられる最高なシチュエーションなので、男子も実践しやすいと思いました。

 

【近距離感Maxなら肘どんがベスト】
壁ドンよりも距離感が近い、肘ドン。お互いの顔が近くなることで、心臓の音さえ相手に聞こえてしまうのではないか?と思ってしまうほど、ドキドキするシチュエーションです。
少しSっ気のある男子にされたら、もう嫌なんて言葉は言えませんよね。



【Mっ気女子なら切望する手首ドン】
この手首ドンは、無理やり感がたまらないシチュエーションです。自由がきかないように手首を掴まれるのは、Mっ気女子なら切望するシチュエーションです。何もない時に、手首ドンをされると「え?!」と思ってしまいますが、少しケンカやお互い避け合ってしまう微妙な時に、この手首ドンは効果抜群だと思います。



いかがでしたでしょうか?本当に女子の夢見るシチュエーションばかりだと思いました。こんな漫画や映画のような出来事が、現実世界でも実践されたら、女子もいつまでも夢見る事ができるのでしょうね。

cached[2]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)