ずっと都会の中で暮らしていると時には喧騒を抜け出して静かな田舎で暮らしてみたい、と考えてしまうこともありますよね。そんな思いを叶えてくれる民泊が今人気となっていますが、民泊の魅力とはいったい何なのでしょう。



【民泊とは】
民泊とは地方の民家に泊まって田舎体験をすることを指します。民宿と何が違うのだろうと思ってしまう方もいるかもしれませんが、民宿というのは一般の民家が副業として低料金でお客様をもてなすことです。民泊では本当に普通の一般住宅に泊まることになりますし、自分のことは基本的に自分でやることになります。

一般家庭にホームステイすることでその土地の風習や文化に触れ合ったり、土地の人々と交流を深めたりすることができます。また、畑仕事をご家族の方と一緒にこなしたり、一緒にご飯を作ったりすることもあります。今の時代なかなか体験できないようなことも体験できますし、都会の喧騒を忘れてのんびりしたい、田舎暮らしの体験がしたいという方が沢山訪れているみたいです。民泊の魅力にはまって数年後にまたリピーターとして戻ってくるという方も多いみたいですよ。



【民泊の魅力とは】
何と言っても都会では体験できない田舎暮らしを体験することができるということでしょう。また、都会ではどうしても人間関係が希薄になりがちですし、ヘタすると家族間でも会話が少ないことも珍しくありません。でも、民泊ならそこのご家族と沢山会話することもできますし、その土地の大勢の方とコミュニケーションをとることもできるんです。都会でずっと育ってきた方にとってこれは新鮮な体験だと思いますし、実際に感動して涙する人も多いみたいですよ。

その土地でしか体験できない色々なアクティビティを体験できるのも魅力的ですね。大自然の中で戯れたりできるのも田舎ならではです。自分達で摂った魚介や山菜などをそのまま食事に使うこともありますし、こうした体験はとても都会ではできません。都会で育った方からすると毎日が驚きの連続となるんじゃないでしょうか。



憧れとして田舎に住んでみたいという思いがあっても、色々な理由でそれができないという方も多いですよね。そんな方にこそ民泊はお勧めです。気軽に田舎暮らしの体験ができますし、都会の喧騒を忘れて思いっきりリフレッシュすることもできるでしょう。なかなかできないような体験もすることができますし、機会があれば是非魅力満載の民泊に訪れてみましょう。

lgf01a201402022200

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)