毎回爪を切るたびに深爪になってしまうという方は意外に多いです。でも、深爪だとあまり美しい爪とは言えませんし、様々な弊害も出てしまいます。ここでは深爪のいけないところ、キレイに爪をカットする方法などをご紹介しましょう。



【深爪のいけないところとは】
深爪とは指先の皮膚が殆ど見えてしまうほど深く爪を切ってしまうことを指します。自分で爪を切るたびに自然と深爪になってしまうという方もいれば、爪を噛む癖があることが原因で深爪になるという方もいます。

指先には色々な神経が集まっていますし、深爪にしてもイイことは何もありません。中には深爪が衛生的だと考えている方もいますが、はっきり言ってあまり関係ありません。衛生的なことを気にするのなら毎日しっかりと手洗いすればイイことですし、それが深爪にする理由だとすると実に稚拙な考えと言えるでしょう。深爪によって化膿性爪囲炎と呼ばれる炎症が起きてしまうことがありますし、これが悪化すると爪を全部除去しなくてはならなくなることもあります。また、爪を除去すると完全に再生するまでいびつな爪のまま過ごすことになりますし、当然痛みも激しいです。



【爪をキレイにカットする方法】
爪をキレイにカットするには丸くカットせずに四角く切るということが挙げられます。また、爪先はまっすぐに切ることがポイントです。また、カットする時に一気に深く切ろうとする方がいますが、できるだけ少しずつカットしていくことも大切です。もうちょっと切りたいな、と思えるくらいが実はちょうどイイくらいの長さですから、神経質になりすぎないことですね。

どうしても自分で切ると深爪になってしまう、上手にカットすることができないという方はネイルサロンで相談するのもおススメです。ネイルサロンは爪に関するスペシャリストですから、適切なケア方法なんかも教えてくれるでしょう。もちろん、頼めばカットもしてくれますしケアもしてくれます。どうしても自分でできない、自信がないという方はネイルサロンも視野にいれるとイイですね。



深爪することで得られるものなど何もありません。それどころか痛い思いをする羽目になるかもしれませんし、病院で治療を受けることになるかもしれないんです。今現在深爪の習慣があるという方は注意しましょう。また、先ほども言いましたが自分でどうしてもカットすることができないというケースではネイルサロンに相談するというのも一つの手です。

lgf01a201310112100

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)