カビ菌は意外に見えないトコほど増殖する知っていますか?

普段あまり使わない鍋の底、なかなか見ないお箸入れの底など普段見ない部分やあなたが普段使っている歯ブラシ・コップも例外ではありません。よく見てください。小さな黒い点、がありませんか?!その点が要注意なのです。見逃しがちなその小さな部分から、油断をしているとどんどん増えていくのです。

毎年、梅雨のジメジメ季節と共にニュースも多くなる『食中毒』です。この大きな原因が『カビ菌』によるものなのです。この時期に、しっかりカビ対策をしておかないと手遅れになります。カビ菌は身の回りに常に存在していて、一定の条件下で目に見えるように繁殖します。一般的に湿度(50%以上)、栄養や酸素があればどこでもカビ菌は繁殖するといわれています。

まさに、これから訪れる梅雨の時期が、カビ菌が増殖を始める時期なのです。では、そんなカビ菌ですが、湿度の高さなどによって発生するカビは変わってきます。また、食品などのわたし達が普段から食する物にもカビ菌は増殖します。その為、湿度によって注意するカビ菌を先ずは理解しましょう。


湿度90%以上を好むカビ菌

♦クロカビ・すすカビ
お風呂などに多く発生するカビです。食品や衣類にも発生する為、一番なじみの多いカビです。

♦赤カビ
野菜を育てる畑などでよく見られるカビです。土壌、麦などの植物、汚水などに存在します。


湿度80%ぐらいより発生

♦アオカビ
お餅やミカン、リンゴなどの食品、ハウスダストなどいろいろな所に分布しています。

♦コウジカビ
パンやまんじゅう、ナッツ類、穀物などの食品の他、ハウスダストなどにも分布。


湿度65%ぐらいより発生

♦かわきこうじカビ
乾物、穀類など食品の他にカメラ用のフィルムや、精密機器の基盤などに繁殖していることがあります。

♦あずき色カビ
チョコレート、カステラ、羊羹、干し柿などの糖度の高い食品に発生する事が多いカビです。


カビは、様々な場所や食べ物に寄生します。カビは胞子を空気中に撒き散らすので、ある一定の条件が揃うとどんどん増殖します。洗濯物も例外ではありません。洗濯槽がカビ菌で汚れていれば、洗ったばかりの洗濯物にもカビ菌は付着します。部屋干しで中々乾かないと更に増殖するのです。生乾きの匂いは、まさしくカビ菌増殖の危険信号です。例えばエアコン内部が汚れていると、カビが発生し、そこから吹出す風を吸い込むとアレルギーやアトピー等の病気の原因にもなります。私達ヒトの生活にとってはいい事がありません。でも、そんなカビにも、弱点があります。先ずは、カビが生えやすい場所を確認してみましょう。

□水周り:キッチン、洗濯機、洗面所、トイレ、お風呂など

□ 窓ガラスのゴムパッキン:結露が多い場所など

□ エアコン内部:冷房使用後の結露

□ 押入内:ふとんの水分

□ 家具の裏など:風投資の悪い場所

□ カーペット部屋:食べかす・フケ・湿気

□ベットシートの下:睡眠時の汗など


あなたは、いくつ発見しましたか?

1つでも見つけた場合は、早急な対策が必要です。難しい事はありません。普段の生活に一手間加えればいいのです。以下の事をするかしないかで梅雨の時期カビ菌の発生を抑えられるかもしれません。


♦通気性の確保
カビは湿気を好みます。空気の通り道を作ることで湿気を逃しましょう。家具などは壁にぴったりとおかずに、5cm程度空けて空間をつくりましょう。また、エアコンなどの風を当てたり、掃除をして空気を動かすのも有効です。

♦換気をする
部屋を締め切った状態では、空気が循環してもだんだん汚れます。窓を開けてきれいな空気と入れ替えて、湿度や汚れを取りましょう。窓が開けられない場合は、エアコンや空気清浄機なども有効に使用しましょう。

♦乾燥させる
カビは乾燥を嫌います。乾燥した空気を入れましょう。雨などで窓が開けられないときは、エアコンや除湿機を使いましょう。(その他除湿シートや新聞紙、炭などで湿気を吸わせてこまめに交換しても効果的です。)冬場はガスや石油の暖房でも湿度が上がるので、換気しましょう。日の当たらない部屋や寝室は特に湿度が上がりやすいので注意してください。


カビは少しの手間と湿度の管理で増えるのを抑えられます。カビ菌を洗剤などで落す事はもちろん大切ですが、カビ菌が繁殖しないように日頃から心掛けるのが大切です。しかし、カビ菌は、悪い悪魔だけではないのです。カビ菌と一言で言っても世界に40000を超える種類が存在します。もちろん、人体に害の有るものが大半を占めるカビ菌の中にもちゃんと良いカビ菌も存在しています。普段より邪魔者にされているカビ菌ですが、次に人間の役に立つカビ菌を紹介しておきましょう。

カビを利用した発酵食品として有名なのは、チーズです。「世界三大ブルーチーズの一つといわれる『ロックフォールチーズ』は、ペニシリウム・ロックフォルティというアオカビの一種によって熟成されています。食用となっているこのカビは、毒性がないので人間に害はありません」

日本にも昔より醤油、日本酒、みそ、かつお節などは大昔より、食されてきました。日本人とカビ菌は、共に共存してきたと言っても過言ではないのです。しかし、カビ菌の中には人体に害を及ぼすカビ菌が多い事を忘れてはいけません。現在食用に使われるカビのほとんどは改良・培養されているもので、自然発生するカビは“体に害はないが味が悪い”ものを含め「食べられないカビ」が圧倒的に多いそう。なかには自然界最強の発がん性物質を作ってしまう種類もあるのでやはり、カビ菌には注意は必要です。

まずは、自宅に居るカビ菌は別物と考えましょう。本格的な梅雨前に、しっかりカビ菌を撃退していきましょう。カビ菌は、ほっていて良い事は何もありません。意外に知られていませんが、カビ菌には人体に寄生するカビもある事を。風邪の症状ではないのに咳が止まらない時や、顔がかゆいなどもカビ菌が引き起こす原因とも言われています。そんな症状ある人は、一度医師に相談ください。

上記でもお話しましたが最もカビ菌が発生しやすい場所洗濯機のカビ対策に画期的な自然生まれで安心な【天然素材100% 洗濯補助剤 ホタテパワー(スティック)】梅雨の時期は、部屋干しが増える時期です。最近は様々な匂いの付いた柔軟剤が発売されています。

ですが、匂いは良くても半乾きなどで衣類の菌も増殖します。そのまま、室内に干したままにするとカビ菌を部屋中に散布する状態にもなりかねません。洗濯槽のカビ対策は最も重要です。柔軟剤の匂いでごまかす前に洗濯槽のカビ対策をおすすめします。
【天然素材100% 洗濯補助剤 ホタテパワー(スティック)】https://goo.gl/dsh9g2

MR-EST-SETK

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)