野菜は鮮度が命!ということで買ってきた野菜をすべて冷蔵庫に入れてしまう方って多いですよね。でも、実は何でも冷蔵庫で保存すればイイってわけじゃないんです。ここでは美味しさを保つ野菜の保存方法についてご紹介しますね。



【意外と入れてしまうがちな野菜】
野菜なら何でも冷蔵庫で保存というのはいただけません。確かに、腐ることは防げるかもしれませんが野菜によっては美味しさを損ねちゃうこともあるので注意しましょうね。野菜はなるべく育った環境と同じ状態で保存することが大切って言われてますから、これを基本に保管方法に気を配りましょう。

具体的にどんな野菜は冷蔵庫で保存しなほうがいいの?と思ってしまった方は多いと思いますが、夏野菜ならきゅうりやかぼちゃ、ナス、ピーマンなんかはダメです。きゅうりなんかは明らかにしなっとしちゃいますし、食感も失っちゃいますよね。秋野菜の玉ねぎやじゃがいも、サトイモなんかも冷蔵庫ではなくそのまま日光の当たらないところで保管するのが一番です。もともと寒いところで育った野菜ではありませんから。南国育ちの方が北海道にいきなり移住するようなものですよね・・・。



【野菜別の保存方法】
◆春野菜の代表キャベツ

春野菜の代表格と言えばやはりキャベツ。キャベツは基本的に涼しい環境を好みますから冷蔵庫での保管がベストです。ただし、冬場はよほど暖房がきいた環境でない限りそのまま保管しても大丈夫ですよ。


◆ごぼうは冷蔵庫?
ごぼうの鮮度が失われてしまうとせっかくの香が台無しに。基本的には保存が必要になるほど一度に沢山買わないということが重要ですね。泥つきならそのまま新聞紙なんかに包んで涼しい場所で保管しましょう。既に洗ってあるなら冷蔵庫の野菜室行です。


◆長ネギの保管
ねぎは新聞紙なんかに包んで立てて保管するのが一番。ただ、これはあくまでカットしていない状態に限ります。使いかけているネギはビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保管するのがベストですね。



野菜によって冷蔵庫保存してはいけないものがあるということがよくわかったと思います。できるだけその野菜が育ってきた環境に似た状態で保存してあげればイイんですね。今までどんな野菜も冷蔵庫で保存していた、という方は試してみてください。同じ野菜なのに「あれ?こんなに食感や味が変わるんだ!」ってビックリするかもしれませんよ。

img_0[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)