今度の休日にお片づけしよう!そう意気込んでやってはみたものの、1日では全く終わらなかった・・逆に家の中が散らかってしまった!そんな経験はありませんか?こうなってしまうと「お片づけ」自体が嫌いになってしまいます。「美部屋」を目指すならまずは押さえておきたい場所やアイテムがあります。ここからスタートすることで散らかった部屋も徐々に「美部屋」へと生まれ変わるでしょう。



【取り掛かってはいけない場所】
◆リビング
リビングには、様々なモノが集まる場所です。ここからモノの整理をしようと思うと、散らかったお部屋に住んでいたら1日では到底終わりません。中途半端な状態で余計散らかってしまう可能性があるのでリビングから取りかかるのはやめておきましょう。


◆書類関係も難易度高
書類も、仕事・公共料金・年金・保険等沢山あります。これらを使いやすく分類していくのは慣れないうちは大変なので最初はおすすめしません。


◆クローゼット
とにかく洋服が多いという方にはおすすめしません。洋服はモノの整理をする際に、「今は着ないけどもしかしたら今後着るかも?」と私情が入りやすいアイテムでもあります。また時間もかかる場所ですので、最初に取りかからない方がよいでしょう。



【おすすめの場所】
ずばり、小さいスペースでアイテム数が少ない場所がおすすめです。


◆トイレ
トイレで使うアイテムは限られていますね。アイテム数が少なければ整理もしやすくなります。


◆財布
財布の中は、まさに部屋の中の状態が同じように表れるスペースです。モノがなかなか捨てられないという方はお財布の中のレシートやポイントカード等も捨てられずパンパンという方が多いです。財布はコンパクトなので財布の中がパンパンでも整理する時間はあまりかかりません。また、いらないレシートや期限が切れたスタンプカードは迷うことなく必要のないモノだと分かりおすすめです。


◆持ち歩いているバッグ
現在持ち歩いているバッグもおすすめです。スペースも小さいですから短時間で整理が出来ますし、キレイになればバッグもスッキリ、気分もスッキリ!するでしょう。財布もそうですが、バッグも普段身に着けるモノなので効果が感じやすいアイテムになります。


◆引出しの中
最初は引出しの中1段だけでチャレンジしてみましょう。整理をする際は、モノを全部出してから行うようにしてください。引出し内でモノを移動したり、捨てたりしてもお片づけは上手くいきません。モノを全部出すことで、客観的にどんなモノは入っていたのか、存在を忘れてしまっていたモノも見つかったりしますよ。


◆冷蔵庫や冷凍庫
賞味期限切れの食品は目で見て処分するモノと判断ができますので、冷蔵庫や冷凍庫もおすすめです。特に冷凍庫は収納も取り出しやすい「縦収納」(※立てて収納すること)を心掛ければスッキリとした空間がすぐに作れますよ。尚、食品を冷凍すれば長持ちすると思い気が付いたら長期間保存してしまいがちです。長持ちするとはいえ期限はあります。いつ冷凍したか分からないモノもこれを機に処分してしまいましょう。

どれも1時間もかからず整理できてしまう場所ばかりです。何時間もダラダラとやってしまっても時間の無駄ですので飽きずに短時間で集中できる場所から始めてみましょう。



【成功体験を増やす】
できる場所から成功体験を増やしてあげましょう。自分にでも出来るんだという自信も出てきますし、お片づけのネガティブなイメージもなくなってくるはずです。成功体験を増やしてから他の出来る場所に取り掛かるようにしましょう。



【ブログに書く】
自分のブログにお片づけのことを書くのもおすすめです。ビフォー・アフターで写真を撮れば客観的に見ることが出来ますし、誰かが見ていると思うと整理の意欲が湧くという方もいらっしゃいます。



今まで長い年月をかけて散らかった部屋に暮らしてきたのです。自身の経験からもなかなか1日でお片づけに対するイメージや考え方は変わらないと思っています。でも出来る所からお片づけを生活の中に取り入れていくことで自分でも出来ることを知り徐々に楽しくなっていきます。長い目で見ながら、楽しくお片づけをして「美部屋」を目指してくださいね。

o0640042512370452388

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)