米国マサチューセッツ州のあるお母さんが、13歳の息子に、IPhoneをプレゼントしてあげたときのことです。その携帯電話の箱には、彼女が作った『18項目の使用契約書』も入っていました。この使用契約書が素晴らしいと、海外の情報サイトをはじめ、国内の小・中学校でも保護者に配られるほど話題を呼んでいます。『あなたと何百万というメールを交換するのがいまから楽しみよ!』というメッセージとともに母から息子へ贈られた使用契約書がこちらです。


【18項目の契約書】

1.これは私の携帯です。私が料金を払いました。あなたに貸しているものです。


2.パスワードは必ず私に教えること。

3.それは携帯『電話』です。呼び出し音が鳴ったら、礼儀正しく「こんにちは」と言いなさい。発信者がママかパパだったら必ず出ること。絶対に!

4.学校がある日は7:30pmに携帯を私に返却します。週末は9:00pmに返却します。携帯は次の朝の7:30amまで電源OFFになります。友だちの親が直接出る家の電話に電話できないような相手ならば、その人には電話もメールもしないこと。自分の直感を信じて、友だちの家族も尊重しなさい。

5.携帯電話はあなたと一緒に学校には行けません。メールをする子とは直接お話しなさい。人生のスキルです。

6.万が一トイレや床に落としたり、無くしたりした場合は、修理費用は自己負担です。家の芝生を刈ったり、ベビーシッターをしたり、お小遣いを貯めてカバーしてください。こういうことは起こります。準備していてください。

7.このテクノロジーを使って嘘をついたり、人を馬鹿にしたりしないこと。人を傷つけるような会話に参加しないこと。人のためになることを第一に考え、喧嘩に参加しないこと。

8.人に面と向かって言えないような内容を、この携帯電話を使ってメールしないこと。

9.友だちの親の前で言えないことを、メールでしないこと。

10.ポルノは禁止です。私とシェアできるような内容をウェブで検索してください。質問があれば誰かに聞きなさい。なるべく私かお父さんにね。

11.公共の場では電源OFFにするなり、サイレントモードにするなりしてください。特にレストラン、映画館や他の人と話す時はそうしてください。あなたは失礼なことをしない子です。携帯電話がそれを変えてはいけません。

12.他の人にあなたの大事なところの写真を送ったり、貰ったりしてはいけません。笑わないで。賢いあなたでも、そういう事をしたくなる時期がやってきます。とても危険な行為で、あなたの人生を壊してしまう可能性もあります。インターネットはとても巨大で強いものです。一度出した情報は消えないし、噂を消すのは尚更難しいことです。

13.写真やビデオを撮りすぎないこと。すべてを収録する必要はありません。人生経験を肌身で感じてください。それはあなたの記憶に収録されます。

14.時々は携帯電話を置いて出掛けてください。携帯は生き物でも、あなたの一部でもありません。携帯を使わずに生活することを覚えてください。流行や周りに流されない、器の大きな男になってください。

15.新しい音楽、クラシック音楽、みんなが聞いているような音楽とは違う曲をダウンロードしてください。あなたの世代は史上もっとも音楽にアクセスできる世代です。この特別な時代を利用して、視野を広げてください。

16.ときどきワードパズルやパズル、知能ゲームで遊んでください。

17.上を向いて歩いてください。あなたの周りの世界を良く見てください。鳥の鳴き声を聞いてください。知らない人と会話をもってみてください。グーグル検索なしで考えてみてください。

18.もしあなたがこの使用契約書を守れなかったら、携帯電話は取り上げます。そしてどうして守れなかったのか一緒に話し合いましょう。1からスタートです。一緒に答えを出していきましょう。


PS,この『18項目の使用契約書』を守ってくれると信じています。このリストは携帯電話に限らず、あなたの人生にも役立つことです。あなたは激変する世界のなかで成長していきます。それはとても楽しくて興奮する出来事だと思います。でも出来るだけシンプルに物事を考えてください。どんな機械やガジェットよりも、自分の力強い考えと大きな心を信じてください。あなたが大好きよ。あなたの素晴らしいIPhoneを楽しんでね。 母より



いかがでしたか。現在は日本でも携帯電話を持つ子どもが増えてきました。それに伴い、巻き込まれるイジメや事件は新聞などでも多く報じられています。携帯電話を持ったからといって子どもは大人になれません。子育ても学校教育も、親や教員、周りの大人が、子どもよりも一歩先に考えを巡らせて予防策を講じることが大切です。簡単そうにみえて難しいこの予防策。
『18項目の使用契約書』は、「悪いことに使ったらダメよ」の一言で終わらせてしまう携帯電話の取り扱いを、子どもにもわかりやすく、愛情を持ってしっかりと作り上げられたからこそ世界中で話題を呼びました。すでにお子さんが携帯電話を持っている方、そして今後お子さんが携帯電話を持ったら、お子さんが傷つく思いをしないためにも、『18項目の使用契約書』にご自分の考えや言葉を添えて、ぜひアレンジしながら伝えていってみてください♪

lgf01a201408122000[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)