「片づけられない女子」という言葉があるくらい、今お片づけが出来ない女子が増えています。仕事が忙しくて片づける暇がない、親が片づけられない人だった、モノが捨てられない等原因は様々です。実は「片づけられない女子」にはある共通のお部屋の特徴があります。全部当てはまっていたらあなたはれっきとした「片づけられない女子」ですよ。ぜひ、チェックしてみてください。



◆靴が何足も出しっぱなし
玄関はお部屋の顔といっても過言ではありまません。玄関だけがキレイでお部屋が汚いということはまず考えられません。靴が何足も出しっぱなしだったり、汚れていればお部屋の中ももれなく散らかっています。「気」は玄関を通って家の中に入り込んでくるとも言われていますので玄関はスッキリ・キレイにして良い運気が来るよう目指しましょう。



◆床に直接モノを置く
片づけられない女子のお部屋はもれなく床に直接モノが置かれています。洋服や雑誌類、メイク道具等床に置かれていることが多いです。最初は部屋の四隅に置いていたモノも時間が経つにつれ徐々にモノは広がっていき、ついには足の踏み場がなくなっていきます。例えばお部屋を借りていたら、私たちは限りあるスペースに家賃を払っているといっても過言ではありません。そのお金が全く使っていないモノに使われているとしたらそれは非常にもったいないことです。できるだけ広くスペースを使いたいものですよね。足の踏み場がないくらいまで散らかるとお片づけをする気もなくなってきてしまいますよね。「床には直接モノを置かない」ルールを決めましょう。



◆「紙袋」の中にモノを入れて収納している
お部屋のいたるところに紙袋が沢山あり、その中にモノを収納している風景もよく見ます。紙袋という見えない中にモノを入れていますから探し物をよくしますし使っていないモノも多い傾向にあります。また新しいモノを買った時にとりあえず紙袋に入れて収納した気分になるという方もいらっしゃいます。「紙袋を収納にしない!」。これが片づけられない女子にならないルールです。



◆いつも座っている場所が一緒
一人暮らしの女性に多いのですが、片づけられない女子はお部屋にいる定位置がいつも決まっています。そこに座っていれば身の回りのモノ全て手が届くというわけです。日々身の回りのモノが増え続けテーブルの上や床も散らかっていきます。またベッド周りも雑誌や漫画等が置かれる傾向にあります。使ったら手の届くところにモノをポンッと置かず「使いやすく・戻しやすい・取り出しやすい(収納3原則)」場所に収納スペースを作りましょう。



◆使うモノが表に、使わないモノが収納されている
片づけられない女子のクローゼットや押入れの収納スペースは、普段着ている洋服が常に表に出ていて、着ていない洋服が収納スペースにしまわれている傾向があります。「収納」は使いやすく・戻しやすくするためのものであってしまい込むためのものではありません。貴重な収納スペースなので使っているモノを収納するようにしましょう。



◆お片づけ本が多い
お片づけのやる気はある!だからお片づけ本で勉強しよう!と思い本を買うのはいいのですが、本を読むだけで自分のお片づけは一向に進まずまた別のお片づけ本を買ってしまい、気が付けばお片づけ本が何冊もあるという方も多いです。そして皆さん「いつか片づけるから捨てられない」と言われます。これでは本末転倒ですよね。「いつか片づける、いつかモノを使うかも」に出番はやってきません。数あるお片づけ本の中で自分に合っていそうな本を厳選し、残りは買い取ってもらうようにしましょう。



いかがでしょうか?何か1つでも当てはまっていたら「片づけられない女子予備軍」です。これからの自分の未来の為にも「片づけられない女子」から卒業しましょう。

lgf01a201307020900

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)